Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ナオミとカナコ」第6話 感想

<<   作成日時 : 2016/02/19 17:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 富山に出かける二人。
 待ち合わせ場所に現れた加奈子は黒いカジュアルなジャケットを着て、直美の言う通りいつもと違う雰囲気です。
 今まで「清楚は格好」という夫の意見に合わせていたんですね。
 身につける服でさえ、自分の好みではなかった。
 着たいものを着て行きたい所へ行って、食べたいものを食べる。
 そんな何でもない事が手に入らなかった生活。
 自由の無い暮らし。

 夫の殺害計画、実行と並行してどんな風に窮屈な思いをしてきたいたかを、少しづつ描いて見せるんですね、このドラマは。
 回を重ねるごとに視聴者であるこっちは、加奈子の幸せを願ってしまいます。
 応援したくなります。

 加奈子、水を美味しいと感じられて良かった。

 そしてこの先は仕事をして生きて行くと…。

 夫が失踪して間がないのに旅行なんて大胆な気もしますが。

 もう待てない。
 自由を満喫したい。
 そんな強い気持ちの現れですね。





 また直美の母親も夫が亡くなってのびのびと暮らしていました。
 過去、現実と向き合わなかった自分を悔い、そんな母に直美は何もしてあげられなかったと謝ります。

 夫がいなくなるまで我慢して来た直美の母親。
 その直美は親友、加奈子を早く自由にするため殺人を実行。

 辛かった自分の人生と重ね合わせ、行動を起こしたんですね。

 それぞれの女性の生き方を対比させた場面でした。
 
 


 エリート銀行員の妻は気を使い疲れる。

 義理のお母さんやお姉さんを見てそう思います。

 夫の実家にも気を遣う上、夫の暴力は訴えられない。
 それはフェアな関係じゃないですよね。

 そして達郎の姉が、直美と加奈子にとって最大の脅威。 

 事件物だと普通、刑事が犯人を追い詰めるものだけど、このドラマでは違います。
 陽子(吉田羊)の捜査能力の凄い事。
 充分、刑事になれます。
 銀行が隠そうとするのと反対に次々調べを進めて、ラストはマンションの防犯カメラを見せてもらうと。
 直美、加奈子、大ピンチ!!( ̄■ ̄;) 


 荷物を運んでる映像なんて見られたら終わりですよね。
 達郎がマンションの外へ出た映像が無かったら…。

 次回が、怖い…。
 


あらすじ Yahoo!テレビより
直美(広末涼子)は達郎(佐藤隆太)と同期の銀行員・山本(近藤公園)らに対し、達郎が認知症の順子(富司純子)の口座を操作して失踪したと思わせる。一方の加奈子(内田有紀)は、昇進が決まった達郎がその翌日に失踪するはずがないと陽子(吉田羊)に断言される。そんな中、達郎の実家で銀行側の最終調査結果が報告され、出国記録もあるので達郎が中国に逃亡したという結論に。安心した加奈子は、直美と帰省の名目で旅行に出る。


  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「ナオミとカナコ」第6話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる