Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「そして、誰もいなくなった」第2話 感想

<<   作成日時 : 2016/07/25 13:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 初回と同じで登場人物、多いですね〜って感じ。
 緊迫感が今一つかなぁ〜。
 追い詰められてるようで、婚約者と変わりなく部屋で生活し続けている主人公藤堂は、別に追い詰められてないようにも見えるし。
 早苗(二階堂ふみ)はウエディングドレスの試着など結婚準備で頭がいっぱい。
 藤堂の身辺の異変には全く気付く様子もなく。
 打ち明けないのも違和感あるけど、気が付かないのも…。
 まあ、いいんですけど。
 
 藤堂は会社に入り込んで裏ログとやらにアクセス。
 でも消されていました。
 たぶんこういう事の繰り返しな気が…。

 

 さて、藤堂は通行人も多い昼間、数人の得体のしれない男たちから追われました。
 車に拉致されてました。
 それ誰かが通報しそうなものだけど。
 公安警察とか、よくある、よく聞く。


 あとバーテンダーでオーナーだという日下瑛治(伊野尾慧)の存在もかなり違和感あり。
 若過ぎてバイトにしか見えない。
 初回からそれなりに意味ありげに登場してるから、きっと物事に絡んでくるんでしょうね。






 ミムラが次週から凄〜く恐くなって活躍しそう。
 また見ます。



あらすじ Yahoo!テレビより 
藤堂(藤原竜也)は、自分の‘パーソナル・ナンバー’を乗っ取った偽物の本名を突き止める。しかし、犯人につながる記録は全て消去されていた。そんな中、「ガキの使い」と名乗る男が藤堂に電話で接触してきた。男はある数字を藤堂に告げる。一方で藤堂は、逮捕された偽物の弁護を担当する弁護士の西条(鶴見辰吾)と面会。藤堂は、西条が漏らした一言から、偽物だと知りながら彼が弁護を引き受けたことを確信する。


  第1話



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
そして、誰もいなくなった第2話 & 好きな人がいること第3話(7.24-25)
・そして、誰もいなくなった第2話 田嶋課長(ヒロミ)の協力でデータ消去ソフト「ミスイレイズ」に アクセスした人物を特定しようとする藤堂新一(藤原竜也)。 だがアクセス記録は何者かに消去されていた。 呆然とする新一にガキの使いを名乗る怪人物が電話で指示を出してくる。 ガキの使いに振りまわされた新一は公安の鬼塚(神保悟志)に拉致されてしまう。 ...続きを見る
まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
2016/07/27 01:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「そして、誰もいなくなった」第2話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる