Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」第3話 感想

<<   作成日時 : 2016/08/01 16:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今回は感じの悪い上司がいろいろ登場しましたね。
 ちょっと嫌な気分になりました。
 桐明(瀬戸康史)、あかね(山本美月)人見(桐山照史)たちはその上司に使われる立場。
 設定がそうだから仕方ありませんが、彼らが受け身だと物語が面白くないですね。

 第3話のトラブルも前回と同じ、書類に関するものでした。

 管理ミス、紛失。

 地味目な内容です。
 だけど言いがかりをつけて、暴力を振るわれたとか、大げさな事になり安芸(山内圭哉)がピンチに。
 
 そんな安芸を何とかしようと一ノ瀬(中島裕翔)は働きかけます。

 一ノ瀬はあかねから暗証番号を渡されます。
 そして事務所の引き出しを開けて中を探します。
 そこへ上司が物を取りに戻ってくる様子が…。
 普通のサスペンスドラマだと、さんざんハラハラさせておいて、いざ上司が事務所へ入った時には、主人公は書類を持ち出して姿を消してるってパターンが圧倒的に多いんですけど。

 簡単に見つかっちゃいました。 

 暗証番号を誰かに教えてもらったってバレたよね〜。

 あかね、この後まずいんじゃないの



 とにかく書類の件は始末書を提出という事で一件落着。

 いろいろ穏便に物事を片付ける織田(遠藤憲一)は大人ですね。
 
 一ノ瀬の上司、織田と安芸は前回と同じく、人情味があっていい人。
 他の上司とかなり違います。
 極端です。

 周囲の愚かさで彼らが引き立つんですね。

 分かりやすいですね。

 一話完結なので、そう難しい事言わずに一ノ瀬君の爽やかさを楽しめばいいドラマって気はします。





 それと…。
 人見を演じる桐山照史が苦手です。
 いかにも関西系ジャニーズって匂いがします。

 他にも有能そうなメンバーがいたのに、人見が社員になれたのが不思議。

 
あらすじ Yahoo!テレビより
契約社員として営業3課に配属され、喜ぶ一ノ瀬(中島裕翔)。一方、正式採用された桐明(瀬戸康史)、あかね(山本美月)らは新部署で苦闘することに。そんな中、営業3課から資源2課が引き継いだ案件の契約書が紛失。営業3課のミスだと怒った資源2課長・寺崎(矢柴俊博)は織田(遠藤憲一)を責め、かつて彼と契約社員との間にあった出来事について持ち出してくる。安芸(山内圭哉)はそれに憤慨し、寺崎を突き飛ばして問題になる。

  第1話  第2話

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」第3話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる