Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「そして、誰もいなくなった」第6話 感想

<<   作成日時 : 2016/08/22 09:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 正直、ストーリーが分からない。前回、何者かに脅された事で藤堂は犯罪を企てるって流れ?
 日下(伊野尾慧)のあの狭いアパートに、藤堂(藤原竜也)、砂央里(桜井日奈子)、馬場(小市慢太郎)たち4人が同居してるようですが、この展開「好きな人がいること」よりも無理があり過ぎて付いて行けません。
 あっちは突然イケメン3兄弟と同居だった訳ですが。
 こっちは4人がひしめく様な住空間。
 コメディになってると思えばいいのか、よく理解できません。
 日下のバーは経営が成り立ってるようにも見えず。

 小山内は冒頭留置されてたけど、あれって…。

 次回も見ていたら何となく理解できるのかなぁ?


 早苗のジト〜っとした暗いイメージが苦手だし。

 元カレ五木の品の無さも。

 ホントに一流企業の社員ですかっって感じ。

 まあいいんですけど。
 




 オープニングが変わった。
 ハッキリしたのはそれくらい…。


あらすじ Yahoo!テレビより
謎の声から、要求に従わなければ日下(伊野尾慧)を殺すと脅迫された藤堂(藤原竜也)は、砂央里(桜井日奈子)や馬場(小市慢太郎)と組んで指令に従う。1カ月後、万紀子(黒木瞳)や小山内(玉山鉄二)、早苗(二階堂ふみ)に藤堂からウイルスメールが届く。そのメールを解析した五木(志尊淳)は、藤堂が開発したプログラムのプロテクトの解除に成功する。しかし、同時に謎のプログラムが勝手に起動して会社の全データが消去されてしまう。


  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
そして、誰もいなくなった 第6話
新一(藤原竜也)は、ずっと引きこもって何かのプログラミングをしているみたいです。 ...続きを見る
ぷち丸くんの日常日記
2016/08/22 10:01
そして、誰もいなくなった「どん底からの反撃開始!」
新一(藤原竜也)が、姿を消して一か月株式会社L.E.Dでは、新一が開発した「ミス・イレイズ」のプロテクトを外すことができずプロジェクトが滞り、五木(志尊 淳)と田嶋(ヒロミ)が役員から激しく叱責新一探しに躍起になり、五木の、あてもない奮闘が始まりました。足が不自由な、新一の母、万紀子(黒木瞳)のヘルパーの弥生(おのののか)も、新一が姿を消したのと同時に居なくなり、代わりに、婚約者の早苗(二階堂ふみ)が甲斐甲斐しく世話します。そして、誕生日に恒例のように送られてきた、新一からのメールは、「誕生日、... ...続きを見る
のほほん便り
2016/08/24 07:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「そして、誰もいなくなった」第6話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる