Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「そして、誰もいなくなった」第3話 感想

<<   作成日時 : 2016/08/01 16:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 はるか(ミムラ)がまさかの退場で拍子抜けしそうです。
 ゴミ袋の上に落ちたから、てっきり助かると思ってた。
 彼女は研究員として残り続けたかったのを、新一に譲って就職。
 しかしブラック企業だったために辞めて、それ以降、無職だった。
 小山内保(玉山鉄二)から事情を聞いて驚く新一(藤原竜也)。
 いろんな事を知らなさ過ぎたようで。

 それにしても演技力のあるミムラの退場は痛い。

 タイトル通り「そして、誰もいなくなった」だから毎回、登場人物が減っていくみたいだけど、魅力的なキャラが…。



 スプリンクラーが作動して見張りが簡単にその場を離れ、新一は逃げ出せました。
 このシーンも笑えたし。
 あとテレビを探して食堂へ入るのかぁと思いました。
 
 


 倉元早苗(二階堂ふみ)は新一がなりすまし被害にあってると知ります。 
 一方、万紀子はやはり義理の母だったのですね。
 
 次回も見ようと思います。
 

あらすじ Yahoo!テレビより
公安の鬼塚(神保悟志)に捕まった藤堂(藤原竜也)は、西条(鶴見辰吾)に弁護を依頼するが、監禁は続き身動きが取れない。同じ頃、藤堂に偽名と横領の疑いが掛かっていると聞いた早苗(二階堂ふみ)は、真偽を確かめるため小山内(玉山鉄二)に会いに行く。一方、鬼塚は万紀子(黒木瞳)に藤堂と偽の藤堂の写真を見せ、どちらが本当の息子か尋ねる。ようやく監禁から逃れた藤堂は、西条から自分の周辺をうかがう人物がいると聞く。

  第1話  第2話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
そして、誰もいなくなった (第3話・2016/7/31) 感想
日本テレビ系・新日曜ドラマ『そして、誰もいなくなった』(公式) 第3話『お前が犯人だったのか?』の感想。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2016/08/02 07:44
そして、誰もいなくなった第3話 & 好きな人がいること第4話(7.31-8.1)
・そして、誰もいなくなった第3話 西条弁護士(鶴見辰吾)のアシストで 公安の監禁から脱出する藤堂新一(藤原竜也)。 出張で東京に来たと語っていた元恋人はるか(ミムラ)が無職だと知り、 追及したところ、はるかは新一への未練を明かした後自殺、 更に追い打ちをかけるように偽の新一がTVで記者会見をしてしまったと。 ...続きを見る
まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
2016/08/04 01:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「そして、誰もいなくなった」第3話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる