Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「IQ246〜華麗なる事件簿〜」第3話 感想

<<   作成日時 : 2016/10/31 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 ゲストは観月ありさでした。賢正(ディーン・フジオカ)と高校時代の同級生という設定で淡い恋愛モードに。
 事件はモデルの滝乃川美晴が夫を殺害するというもの。
 夫には愛人がいて、部屋に盗聴器を仕掛け会話を聞きます。
 自分を追い出し愛人に家や土地財産を譲る気の夫。

 夫に恨みのある工場経営者を使って強盗に見せかけて襲わせます。
 その経営者を美晴は花瓶で殴って殺します。

 沙羅駆(織田裕二)が目を付けたのは滝乃川隆文(高木渉)が亡くなった時、握っていた花瓶の取っ手についた指紋。
 確かに変な握り方で有り得ないですね。
 
 下村辰也(岡田浩暉)の妻の協力を得て芝居をし、証拠の映像を撮りました。

 こういうやり方は正当じゃない気もするのですが。

 でもまあ、一件落着。


 
 感想としては…。
 下村の妻を演じた女優さんの演技が一番上手いと思いました。

 あと、やっぱり織田裕二の顔の黒さが強烈ですね。
 結構、気になります。
 ディーン・フジオカはいつもと違う私服コスチュームを披露。
 ファンへのサービスで純愛な場面を入れつつ。
 でも御主人には忠誠を誓うみたいな…。

 私は織田裕二の顔をもっと白くして欲しい。
 それが望みです。(笑)

 
 

 奏子(土屋太鳳)も毎回、何かを食べては寝ていますが。
 今回は睡眠薬をまぶしたドーナツ…。

 同じ方法で騙されないように。



あらすじ 公式サイトより
沙羅駆(織田裕二)と賢正(ディーン・フジオカ)は、フットマッサージ店で女磨きに励む瞳(新川優愛)と奏子(土屋太鳳)を迎えに行った先で、賢正の高校の同級生・滝乃川美晴(観月ありさ)と再会する。
美晴は近頃カリスマ主婦モデルとして活躍しており、しかも夫は不動産会社を経営するやり手の社長・滝乃川隆文(高木渉)ということで、世間の女性たちがうらやむセレブ生活を送っていた。

久々の再会に、お互い感慨深げに喜ぶ賢正と美晴。二人は近いうちにまた会おうと連絡先を交わして互いにその場を後にする。

ところが、数日経ったある夜。美晴の夫・隆文が自宅の書斎で刺殺される事件が起こる。犯人は隆文との間で金銭トラブルを起こしていた工場の経営者・下村辰也(岡田浩暉)で、なんと下村も隆文の傍らで頭から血を流して絶命していた。第一発見者である美晴の証言と現場の状況証拠から、事件は隆文を逆恨みした下村が滝乃川家に侵入し、隆文に襲い掛かって刺殺。その際もみ合った拍子に下村も花瓶で頭を殴られて死亡したと判断される。

自宅で巻き起こった突然の悲劇により幸せなセレブ生活が一変する美晴の身を案じる賢正。しかし、沙羅駆は美晴の不可解な言動に疑念を抱き始める……。
そんな沙羅駆に対し賢正は美晴を擁護。美晴を巡り、沙羅駆と賢正との間に亀裂が生まれてしまう。


  第1話  第2話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
IQ246〜華麗なる事件簿〜 第3話
沙羅駆(織田裕二)と賢正(ディーン・フジオカ)は、フットマッサージ店へ瞳(新川優愛)と奏子(土屋太鳳)を迎えに行った先で、賢正の高校の同級生・滝乃川美晴(観月ありさ)と再会します。 ...続きを見る
ぷち丸くんの日常日記
2016/11/01 11:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「IQ246〜華麗なる事件簿〜」第3話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる