Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「カインとアベル」第6話 感想

<<   作成日時 : 2016/11/22 16:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 心の狭い兄と包容力のある弟。
 これだけハッキリ差がつくと誰でも弟の方がいいと思えるでしょう。
 仕事って達成感があるし、承認欲求も満たされるし、充実するものです。梓(倉科カナ)が隆一(桐谷健太)から「結婚したら家庭に入って欲しい。」「仕事を辞めてくれ。」と言われ、どんどん引きの姿勢になっていくのがよく理解できます。
 初回の頃は連絡を取って会えるのを待ちわびる雰囲気でした。
 父親、貴行(高嶋政伸)に紹介される時点でも、幸せそうだった。
 だけど黒沢の100億融資の件から少し風向きが変わり。
 気持ちに変化が。
 梓は隆一がもっと広い視野を持った人間だと思ってたんでしょうね。

 実はそうでもなかったと…。


 一方隆一は焦り過ぎです。(−−;


 弟とフィアンセにプライドを傷つけられ。
 
 父親にも見限られるのではないかと、不安になり。
 優の新しいプロジェクトが順調な事も疑心暗鬼にさせる。
 バンコクの黒沢が出資したプロジェクトもダメになりそうな感じ。
 隆一、ますます崩壊していきそう…。




 物語は限りなく優の味方をし、隆一の不利に進む雰囲気。

 


 桃子(南果歩)のキャラがスパイスとして効いてますね。
 黒沢を演じる竹中直人も強烈なキャラです。
 胡散臭さが半端ない。^^;
 

あらすじ 公式サイトより
休日出勤していた優ゆう(山田涼介)は、矢作やはぎ梓あずさ(倉科カナ)に後ろから優しく抱きしめられた。しばらくこのままでいてほしいと頼む梓に、どう接していいのか分からない優。時間が経つと、梓は優から離れ、いつもの明るさに戻って残業を励まして帰ってしまった。
 優が家に帰ると隆一りゅういち(桐谷健太)がいた。そして、ケンカをして以来、2人きりで初めての会話は以前と同じ。隆一は、梓との結婚準備が進んでいることに充実していると話し、優にも結婚を勧める。部屋に戻った優は、梓のことを考えた。その頃、梓は自宅マンションでぼんやりと過ごしていた。


翌朝も、隆一は貴行たかゆき(高嶋政伸)と結婚式の話をしている。隆一を見習えと貴行に言われてしまう優。しかし、貴行は新たなプロジェクトのプレゼンの話をしたいと優に会社への同行を求めた。
 会社に着いて貴行と別れた優は、梓に会う。昨夜のことなどなかったかのように、いつもと変わらない様子であいさつする梓が優はますます分からない。


優が手掛けるプロジェクトの最終プレゼンは2週間後に迫っていた。梓をはじめ、メンバーにコンセプトを告げる。仕事を手分けして準備しようと話す優に、メンバーたちは快く応じる。団だん衛まもる(木下ほうか)は、そんな優の仕事ぶりを隆一に報告していた。
 仕事を始めようとした優に、黒沢くろさわ幸助こうすけ(竹中直人)から電話が入った。黒沢と会った優は、隆一のバンコクでのプロジェクトについて意外なことを言われて驚愕する。


  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
カインとアベル 第6話
休日出勤をしていた優(山田涼介)は、後ろから抱き締めて来た梓(倉科カナ)から「しばらくこのままでいてほしい」と頼まれて、どう接していいのかわかりませんでした。 ...続きを見る
ぷち丸くんの日常日記
2016/11/23 14:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「カインとアベル」第6話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる