Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「カインとアベル」第9話 感想

<<   作成日時 : 2016/12/13 11:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 優は取締役室に梓を呼び、会社に残るよう勧めます。
 新しいプロジェクトのリーダーになって欲しいと提案します。
 しかし梓は今日で退社する気持ちに変わりはないと断ります。
 以前の同僚たちからも敬遠され、孤立していく優。
 そして社長の反対を無視し、兄が中断した開発事業に足を踏み入れます。
 黒沢に代議士を紹介してもらい、謝礼の話をします。
 隆一がそれを知り、優に忠告しますが、耳を傾けません。
 会社に捜査が入ります。

 そんな第9話!!

 今までは仕事で孤立した兄の姿が描かれましたが、今回は優。
 梓への恋心が受け入れられず仕事に没頭するんですね。
 それぞれの気持ちの変化が急ですね。
 どんどん違う人物像に変化していくし。


 梓は仕事をするのがあんなに楽しそうだったし、辞めたくない哀しさからオフィスの優を後ろから抱きしめたんじゃなかったのかな?
 あんな風にされたら勘違いするし、心は揺れます。

 プレゼン前の夕日を見ながら自分の気持ちを吐露するシーンだって、二人のラブシーンみたいだったし。
 かろうじて優が踏みとどまっただけで。
 梓の表情は優を誘う女の顔だったけどなぁ。

 ここら辺、思わせぶり過ぎたよね。

 だから兄との結婚を覚悟した気持ちの流れが丁寧に描かれてないので唐突でしかありません。

 優が戸惑い、混乱する以前に視聴者も…。

 梓、優に冷たくなり過ぎ!!




 

 来週はもう最終回。

 悲劇的な結末にはならず、また兄弟が助け合っていくのか。

 それとも…。


あらすじ 公式サイトより
高田総合地所の役員となった高田たかだ優ゆう(山田涼介)は兄でもある副社長・隆一りゅういち(桐谷健太)の不正を暴いて会社から放逐。優の情熱は、ますます仕事へと傾斜していく。


優には、仕事の他にもう一つ手に入れたいものがあった。それは、仕事を通じた信頼感から芽生えた隆一のフィアンセ・矢作やはぎ梓あずさ(倉科カナ)への禁断の想い。役員室に梓を呼び出した優は、隆一との結婚式が中止になったことを理由に仕事を続けてほしいと頼む。しかし、梓はかたくなに退職すると言う。優には、なぜ梓が仕事を捨ててしまうのか?隆一にこだわるのか?が、理解できなかった。
 仕事も、そして梓をも失ったことにショックを受ける隆一は、別荘に身を隠していた。そこに、梓が訪ねて来るのだが…。

一方、隆一が会社から抜けた穴は大きかった。抱えていたプロジェクトが多岐に渡っていたからだ。貴行たかゆき(高嶋政伸)は頭を悩ませながらこれを役員たちに分配する。もちろん優にも仕事が割り振られたのだが、貴行が手元に残した古いファイルが気になる。貴行は、会長の高田たかだ宗一郎そういちろう(寺尾聰)が社長の時代から検討されていた巨大プロジェクトだが、リスクが大きすぎると封印され続けた案件だと話す。もちろん、隆一も検討はしたが断念していた。興味を示す優に、貴行は社長命令として、このプロジェクトに手を出すことを禁じる。
 仕事における禁断の果実。隆一すら成し得なかったというプロジェクトにひきつけられた優は、黒澤くろさわ幸助こうすけ(竹中直人)に、ある事を頼むのだが…。


  第1話  第2話  第3話  第4話
  第5話  第6話  第7話  第8話

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
カインとアベル 第9話
隆一(桐谷健太)の不正を暴き、会社から追い出した優(山田涼介)は、隆一の婚約者・梓(倉科カナ)への禁断の思いを抱えていました。 ...続きを見る
ぷち丸くんの日常日記
2016/12/14 16:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「カインとアベル」第9話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる