Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 屈折したアプローチ

<<   作成日時 : 2017/06/13 08:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 あれからいろいろ気になって、少し振り返ってみました。
 5月2日(火)8時30分、ミーティングが終わって、私はすぐに部屋を出ました。
 人数が多かった事もあって、息苦しく感じてたんです。

 廊下を早足で歩く私をHさんが追いかけてきました。
 私がトイレへ行くからとそっちの方向へ行くと、Hさんも付いて来ました。

 他の自助グループの話を少ししました。

 皆と一緒に○○阪駅まで行き、フェローへ参加する人たちとはそこで別れました。

 改札を通って、そこで初めて最寄り駅が近いと知りました。
 私は「○○○田」でHさんは「○木」です。

 当然、同じ電車に乗るものだと思ったのですが、「買い物があるから。」とHさん。
 「じゃあ、またね。」と手を振って、私がエスカレーターに乗ろうとした時、「今度、メルアドを教えて欲しい。」と言いました。
 もう別れ際だったので、その日は交換できませんでした。

 それで16日(火)、分かち合いの後ビジネスミーティングをしている時に、メルアドのメモを渡しました。
 終了後、Hさんはすぐに部屋を出て、そのまま帰ってしまいました。
 声をかけるヒマもありませんでした。

 18日(木)、晩メールが届きました。
 その最後の一文にランチへのお誘いがありました。
 

 そんな流れでこの一件で私とHさんは、ほとんど言葉を交わしてないです。


 いろいろ考えました…。
 言動が矛盾してるんだけど、行動だけ取り上げてみます。

 夜9時前後の○○○駅構内、お店は閉まってるところが多いです。
 Hさん、私と同じ電車に乗るのを避けたんですね。

 一緒にいるよりは一人の方が楽で良かったんでしょう。 

 食事に誘っておいて避ける。
 どこかに嘘やごまかしがあるんですね。
 
 とにかくAさんに頼まれた事を伝えなくてはならない。
 直接話すのは気まずい(?)から、メールでと思いついた。
 メルアドを聞くために近づいて、トイレまでついて来て…。


 ミーティングで会ってフェローに参加して一緒にお茶や食事をする分には何も支障はない。
 嫌いじゃない相手だけど、プライベートで休みの日にわざわざ会って付き合おう、少人数で一緒に食事をしようとまでは思えない。
 ミーティングで会ってその後、雑談を少しするくらいはいい。けど、それ以上の親しい付き合いを望んではいない。
 Hさんは親密性なんて求めてないんですね。

 自助グループで交流する以外のプライベートな親密性は求めていない。



 不可解だったけど、整理して考えるとそうです。

 そういう関係性もアリですね。
 自助グループのほとんどの仲間はそれで保っている気がします。
 一定の距離を保った間柄。
 だから長続きする。

 近づき過ぎると壊れてしまう。

 

 ○○さんには、一昨年の秋、私の方からメルアドを渡しました。
 それから数回、私の方からメールを送ったりしました。
 きちんとお返事下さる方です。
 ただ、あちらから一度もメールが来た事はありません。
 微妙なラインです。
 もう一人誘う必要があるのはHさんの都合。
 他の人を誘えないのはAさんの都合です。 

 二人の意向に沿えません。
 一定の距離を保って上手く行ってる関係性が壊れてしまうのは怖いです。



 強制すると『境界線』を超えてしまう。


 私がGメールアドレスを送ってからのHさんの返信は数時間後でした。
 パソコンを所有していない事を、本当は知られたくなかったのかもしれない。
 だったら恥をかかせました。

 発達障害の事を前に少し聞きました。
 「サ行」と「タ行」の聞き取りが難しい、紛らわしいとか。

 私には発達障害の人の知識がありません。
 自分が当たり前にできる事だから、相手も大丈夫だろうと思い込むのは間違いかもしれません。


 3人で食事すらムリなものを、居酒屋で二人きりなんてとんでもない話ですね。


  近距離な二人の遠い約束
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
屈折したアプローチ Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる