Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 排除と選別〜遊び人は公平性に欠ける

<<   作成日時 : 2018/03/29 19:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 主催者Kとメンバー数人は仲が良く、その人たちは欠かさず参加しそれは揺るぎない。彼らが確実に楽しみを共有できていれば、それ以外の条件はどうでもいい。
 誰が加わろうと外れようと関係ない。
 そういう事に尽きる。 
 仲のいいKさんたち数人は、常に連絡を取り合ってるから誰も外されることは無いのだ。


   *   *   *   *   *   *   *

 ハイキングのアナウンスが始まって、何気なく質問した。
 グループのホームページにはそれを載せないとの事。
 今ここへ来ていない仲間は他にたくさんいる。
 「皆それぞれラインやGメールでバラバラに繋がって、連絡先交換してない人もいる。」
 「情報をどう伝えて行ったらいいのか…。」
 「仲間の中には一か月くらい休む人もいて、この情報を後で知って自分も行きたかったと思うかもしれない。残念に思うかもしれない。
 それ、どうしたらいいですか…。」と意見を言った。

 すると主催者はハイキングはここにいる人だけの話だと。

 「そういう事です!!」と結構ケンのある、吐き捨てるような物言いをしたんで驚いた。

 マスクをしていて表情はよく分からなかったけど。
 それと「自己責任だと思ってるんで。」とも強い口調で。

 何があっても自己責任。
 質問の趣旨から弱冠ズレてる気もするけど。
 なぜここで強調するのか不思議。
 私はただハイキングの情報が行き渡らないけど、それどうすればいいのって聞いただけ。

 だから…要らない質問だったんだ。

 私の発言は余計なお世話だったんだ。
 余計な事言うなって。
 これがこの人の本音か。


 その場に居合わせた人だけがハイキングに参加するというルール。
 それももちろん有りだと思う。
 以前熱心に通い詰めた仲間が、たまたまイベント情報告知の時期に来なかった。それだけの事。
 今、この時にこの場にいる人だけ。
 それもルールとしては悪くない。

 一つ言えるのは、来たばかりの人だろうと、この先数回で来なくなってしまう人だろうと、関係なく参加していいという事。

 一緒に参加する仲間たちにこだわりは無いという事。
 次々と移り変わって行っても構わない。

 主催者Kとメンバー数人は仲が良く、その人たちは欠かさず参加しそれは揺るぎないという事。
 彼らが確実に楽しみを共有し結束していれば、それ以外の条件はどうでもいい。
 誰が加わろうと外れようと関係ない。

 そういう事に尽きる。


 私がスッキリしなかったのはこういうシステム。

 仲のいいKさんたち数人は、誰も外されることは無い
 常時、連絡を取り合ってるから。

 Kたち数人の仲の良さは素晴らしい事だと思う。

 ただグルーブのイベントを主催し、他の仲間全員にその情報を積極的に知らせないシステムはどこか気持ち悪い。

 公平性、社会性としてはどうなんだろう。


   *   *   *   *   *   *   *   *      


 その場に居合わせさえすれば、来たばかりの人だろうと、この先数回で来なくなってしまう人だろうと、関係なく参加していい。
 逆に以前熱心に通い詰めた人でも、たまたまイベント情報告知の時期に来なかったら外される。
 その場に居ない人は別に仲間じゃないよと。

 そうしておかないと面倒だからね。

 これまでACAに来た事のある仲間全員に情報を完全に行き渡らせるなんて無理。
 新しい行事を取り入れると、また新しいルールが必要になる。
 kにそこまで考える余裕はなかった。

 自分の許容範囲、キャパシティを超える質問だった。
 プライドが高過ぎて、「そこまで考えてません。」と言えなかった。
 『不正直』だ。
 プライドが高く完璧主義。

 完璧に見せたいから、余計な事言う相手に噛みつく。
 完璧に見せたいのに何言うんだって感じになる。 
 身構えて語気が強くなる。
 

 「自己責任だと思ってるんで。」という発言は「僕は責任取りませんよ。」って事。

 臆病だね。

 臆病、几帳面。
 この人こんな性格(持って生まれたもの)だったのか…。

 誘っておいて排除する。
 排除、排斥、選別。(これは何?プライドからか?)

 『利己的』『配慮の欠如』はKを含めた数人の特徴だ。
 機能不全家庭で育った人の癖と特徴。

  


 今週火曜は久しぶりの仲間二人がミーティングに来てて良かった、というかホッとした。
 どこまで(数か月前から来なくなった人も仲間とするのかどうか)この情報を知らせたらいいかの線引きが難しくて悩んだから。

 情報をある程度、広めるようにする工夫は必要。
                        2018年3月24日  
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
排除と選別〜遊び人は公平性に欠ける Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる