Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」第5話 感想

<<   作成日時 : 2018/05/18 13:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 入間家で事件は起こりました。真海が出口に殺人をそそのかすシーン、顔のアップ、ディーン様の美しさに魅せられてしまいます。しかし言ってる事は恐ろしい。
 30億円の遺産が手に入るとなると、人間誘惑に負けてしまうのか。出口さん登場した途端、退場ですね。
 瑛理奈(山口紗弥加)は手紙を開きます。『遺産をいただければ他言はしません。』差出人は出口文矢とありましたが、真海が愛梨に投函するよう指示したものですね。
 キッチンで洗っていた炭酸水が入っていると言っていたボトル。
 あれに毒を仕込んでいたのでしょうか。
 自分は手を下さず、次々と犯罪行為へ誘導していく真海。

 優しい女性を演じていた瑛理奈。
 未蘭を騙すくらいは訳ないのでしょう。
 この後、どんな動きに出るのか。信一朗は未蘭を入間家から救い出せるのか。

 静かで淡々としていましたが、真海がすみれと食事を共にするシーン。切なかったですね。
 対面した時の様子といいバルコニーで話す二人の対話といい。

 すみれさん、気づいてますよね。
 あんなに強く真海の腕を掴んで…。
 会って間もない男性にあんな行動を普通は取らないと思うし。

 結婚について言及し、別の男と一緒になったその女性を恨んでいますかと質問します。
 娘の描いた絵を渡しますが、真海は後でそれを燃やします。

 すみれを徹底的に遠ざけるのは、復讐心に水を差されないようにするためでしょうか?

  
 一方愛梨(桜井ユキ)は南条幸男(大倉忠義)に私怨があるようです。

 それにしても愛梨さん、真海の背後から抱きつくシーン多いですね。腕を抱き締めたり、後ろからムギュ〜ってして首に接吻したり。^^;
 愛犬を抱きしめる飼い主みたい。
 何かもうディーン様、愛玩動物っぽい。^^;
 
 

 いろいろと目の離せない濃い〜第5話でした。


あらすじ Yahoo!テレビより 
入間(高橋克典)は、父親の貞吉(伊武雅刀)に娘・未蘭(岸井ゆきの)の結婚を邪魔され、いら立つ。貞吉は、入間の決めた婚約者・出口と未蘭が結婚したら、30億円の遺産全てを寄付に回すと遺言を書き直したのだ。真海(ディーン・フジオカ)は、帰国した外交官の出口に、このままでは遺産が手に入らなくなると耳打ちし、あることを依頼する。同じ頃、真海に近づこうとするすみれ(山本美月)は、愛梨(桜井ユキ)に連絡を頼む。


  第2話  第4話

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」第5話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる