Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」第7話 感想

<<   作成日時 : 2018/06/01 16:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 とうとうすみれが「暖」と呼びかけましたね。
 何も知らないすみれは待てなかった事を謝りますが、本当に悪いのは幸男だと真海。ここまでストレートにすみれに呼ばれたら、本音を言わない訳には行きませんよね。
 本当の事を吐露できて良かったと思いました。
 もうこれ以上、一人で抱え込まなくていい。
 そう思いました。

 けれど二人ともそれぞれ別の場所でその時を待ちます。
 幸男が自ら命を絶つと分かっていて。
 真海もすみれもそれぞれの思いを抱えて待ちます。

 佇む真海に近づいたのは信一朗(高杉真宙)でした。
 彼だけはこの復讐劇の中の天使の様な存在。

 一方、入間家の瑛理奈(山口紗弥加)は自分の計画を貞吉(伊武雅刀)に喋ります。
 財産目当てに入間の妻を毒殺し、入間と結婚。
 秘密を握られたと思い出口も抹殺。
 次は貞吉と未蘭(岸井ゆきの)。
 復讐するための真海とは違い、恐ろしいですね。
 自分の私利私欲のための犯罪行為。


 神楽清(新井浩文)は安堂の正体を告げ、それを謝罪する真海に対して疑惑の目を向けます。
 全て計算されたシナリオなのかと。
 
 そして幸男が追い詰められている様を見て、神楽も気づきましたね。

 入間も陥れた暖の事件を調べ、同じ牢獄に閉じ込められていたのがファリア真海(田中泯)だと知ります。
 『真海』という名前で気づきました。



 神楽と入間、ターゲットの二人はどのように復讐されるのでしょう。

 神楽は妻、留美に対して愛情が無いから、地位や財産が脅かされ失うのでしょうね。
 そして入間は…?
 



あらすじ 公式サイトより
モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)は自分を貶めた寺角 類(渋川 清彦)をこの世から抹殺する。そして、真海が復讐のために放った南条幸男(大倉忠義)に向けた矢も、ついに的を射ようとしていた。
 幸男の家に、裏組織のダニー・ウォン(葉山ヒロ)とサム・ユンロン(ジョン・リ)が押し入り、何も知らないすみれ(山本美月)と明日花(鎌田英怜奈)を人質にとられる。かつて幸男も片棒を担いだショーン・リー(ジョー ナカムラ)事件の目撃者が香港警察と接触することになったとダニー。目撃者はショーン夫婦の娘、エデルヴァ。エデルヴァはダニーたちが人身売買で売り飛ばしたのだが、日本語を話す男が買い取った。ダニーは幸男が誰かに狙われているのだろうと、その男を探し出すよう命令する。家を飛び出した幸男は江田 愛梨(桜井 ユキ)に予定のキャンセルを連絡、さらに神楽清(新井浩文)に電話するのだがつかまらない。

その頃、神楽は訪ねてきた真海と会っていた。真海は留美(稲森いずみ)に引き合わせた安堂完治(葉山奨之)が詐欺師だったと神楽に謝る。そして、間もなく幸男がショーンの事件に関与していたことを香港警察が知ることになるとも教えた。
 寺角の遺体は匿名の通報で警察が発見される。寺角が浜浦町の出身で、15年前に暖が捕まった時の関係者だと国見悠馬(森岡龍)は入間公平(高橋克典)に報告。入間は、ラデル共和国から死亡報告が届いている暖を調べ始めた。



あらすじ Yahoo!テレビより
幸男(大倉忠義)は香港マフィアのダニー(葉山ヒロ)から、13年前の事件の目撃者・エデルヴァを買い取った‘日本語を話す男’の正体を突き止めるよう命じられる。一方、入間(高橋克典)は鎌倉で見つかった他殺体が、ラデル共和国と人質交換をした15年前の事件の関係者・寺角(渋川清彦)と聞き、不審を抱く。エデルヴァの行方を捜し神楽(新井浩文)を問い詰めた幸男は、真海(ディーン・フジオカ)こそが捜していた‘男’と気付く。

  第2話  第4話  第5話  第6話
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」第7話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる