Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」第8話 感想

<<   作成日時 : 2018/06/08 14:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 スピーディーな展開でした。真海が向かったのは幸男の病室でした。戻った愛梨がロープを切って幸男を助けたんですね。
 点滴の中に注射器で何かを入れようとする真海。
 それをすみれが止めます。
 しかし「おまえがやれ。」とすみれに注射器を渡します。

 留美は安堂と逃げるために夫、神楽にお金を要求します。
 貸金業の男たちがやって来ました。
 留美はお金を持って立ち去り、神楽は倒されます。
 全て真海の計画ですね。

 入間は証拠の指紋鑑定を燃やすしかありませんでした。
 (高橋克典の笑う演技がインパクト大!!^^;凄過ぎる。
 ホント極悪人。)

 そして未蘭は信一朗に渡された小瓶の薬を飲み、倒れます。
 信一朗は病院で入間に真海から手渡されたものだと告げます。

 瑛理奈が飲ませたはずの薬入りのレモネードは効かなかったという事でしょうか?
 けれど自分の息子がそのコップを手に取った時、普通ではない反応でした。 

 量が少なかった?
 そして真海の薬でダメ押しの状態になった…?
 これでは信一朗を陥れる形になってしまいます。

 飲んでから効くのに時間がかかり、真海の解毒剤で一命をとりとめた。
 その方が自然かもしれません。

 これで過去の事件も明るみに出て瑛理奈の悪行が暴かれますよね。入間の家族は崩壊していきます。

 いろいろ次の展開が気になります。

 神楽は真海が閉じ込められていた牢獄と同じような部屋にいます。
 メトロノームだけが不気味に鳴り続ける部屋。
 同じ目に遭わせるという復讐ですね。
 
 
 留美は安堂と二人で出発。
 新しい人生の門出のようで、ハッピーな雰囲気!(*^^*)

 意識が戻った幸男はすみれを羽交い絞めに。
 こんな体力あるものかな?(笑)

 真海…いや暖への嫉妬が凄い!!



あらすじ 公式サイトより
モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐は予定通り南条家を崩壊に導き、幸男(大倉忠義)が自ら命を絶とうとするまでに至る。だが、幸男の娘、明日花(鎌田英怜奈)の存在が江田愛梨(桜井ユキ)を惑わせてしまった。真海が暖だと気づいたすみれ(山本美月)の存在も大きなものとなる。
 自分の中にある揺れに呆然としながら真海が釣りをしていると、守尾信一朗(高杉真宙)が現れた。信一朗と話すことで気分転換になった真海の心は、すぐに曇ることとなる。信一朗の交際相手が入間未蘭(岸井ゆきの)と知ったからだ。

その頃、未蘭は父の入間公平(高橋克典)に信一朗と会ってくれと頼んでいた。しかし、入間は頑なに拒絶。瑛理奈(山口紗弥加)は時間をかけて説得しようと未蘭を慰め、貞吉(伊武雅刀)の部屋に連れて行く。瑛理奈の殺害計画を知る貞吉は必死に未蘭に危険を伝えようとする。しかし、会話用のタッチパッドが瑛理奈に操作されていたため、未蘭に伝えることは出来なかった。と、そこに真海が貞吉に会いに来たと現れる。
 入間は神楽清(新井浩文)と会う。神楽は幸男の自殺、そして寺角類(渋川清彦)殺害は真海の仕業だと話す。さらに、神楽は真海が自分と入間もターゲットにしていると告げた。真海は何者だと思うと問う入間。もちろん、入間と神楽の脳裏には共通の人物が浮かぶ。入間は真海を呼び出す。真海と話すために使う取調室は15年前に柴門暖を陥れた部屋で…。



あらすじ Yahoo!テレビより
真海(ディーン・フジオカ)は信一朗(高杉真宙)と言葉を交わし、彼が入間(高橋克典)の娘・未蘭(岸井ゆきの)に好意を抱いていると知り不安を拭えない。入間家では、瑛理奈(山口紗弥加)の計画をただ一人知る貞吉(伊武雅刀)が、それを未蘭に伝えようと焦っていた。そこに真海が訪ねてくる。一方、真海の正体に気付いた神楽(新井浩文)は、過去の秘密をネタに入間に取引を迫る。入間は15年前と同じ取調室に真海を呼び出す。


  第2話  第4話  第5話
  第6話  第7話

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」第8話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる