駆け引きの果て

      君のママは女王様
      強欲な女王様

    「私の価値観の中から出ないでね。
     そこにいてくれたら充分愛してあげるわよ。」   

     君はママと波風立てないように
    やり過ごしたい。
     家の中の空気を読んで
    立場も考えて
    上手に泳いでいくことを考える。

     その方が有利。
    愛情ももらえるし、家を出たって
    経済的に 困るだけ。

     合わせた方が、生き易いさ。



 ママの子供へのスローガンは 「ホワイトカラーになれ!!」 だからね。
 経済的に豊かになって、困ることなく生きていってくれ。そういう願い。 親心,親の気持ち その大義名分に隠された裏にあるものは 「弱者を踏みつぶして行け」 ってことだよ。ママはこれを体現している。
 
 坊やは優しい男の子だった。
 でも他人を思いやってたら、自分が損をする。だから人には手を貸さず 自分の事だけやっていろ。人に構うな。人のことは放っとけ。

 そういうママの価値観に、ボクは合わせるしかなかった。子供だからね。でも合わせてさえいれば、ある程度の甘えは通るし わがままも聞いてもらえる。家の中で大切にされる。
 伸び伸び暮らす居場所を得るのと引き換えに、従属することを選んだのさ。
                              
 慣らされてしまうと、得なんだよね。

 たとえ健全な感覚を蝕んだとしても…

 
   


                              「王子様の計算」
                           「独裁者は蜜を与える」 より

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック