蔓延する悪意

 教室内に持ち込まれる嫌な空気
 発信者はそこにいない
 ドアを開けてフロアの椅子にその人がいたら どれだけありがたいか
 けど誰もいない
 取り付く島が無い
 遠隔操作だね


 この子の家にはこういう嫌な空気が
 蔓延してるのだろうか?
 坊やが教室に足を踏み入れたとき
 重苦しい空気を背負ってるような
 そう感じる事は時折あった

 家の中がそれじゃたまらない
 仕方なく周りは母親の意見に従う
 その方が気分的に楽だね
 母親の機嫌が悪いと息が詰まる

 元々この子は人見知りしない屈託の無い明るい子
 おしゃべりが大好きで…そしてとても優しい性格
 だからいつも折れて母親に従ってきたんだね
 たとえそれが周囲に対する思いやりの無い
 身勝手な考えに基づいてても
 子供だから仕方ない
 母親に付いて行くしかない

 母親として或いはお客様としていつも強い立場にいる 
 都合の悪いことがあれば
 無言になったり
 明るい笑顔や笑い声で煙に巻く
 それも処世術

 だけどごまかしが効かない事もある
 足を踏み入れてるのはそういう世界
 趣味で止めて置くことなく更に欲を出して
 己が何たるかも知らないで
 欠点を無防備にさらしてることにも気づかない







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック