粉砕された12年 前編

 2006年の秋、坊やは初めて試験を受けた。

 君の初めてのグレード挑戦。
 結果を待ってる間の毎日は気が気でなかったね。 

 上級のグレードテストは、都市部でほぼ毎月行われている。
 各楽器店を通さないから、申し込み手続きは生徒個人の作業になる。
 生徒が動いて報告を受けて 次の手順へアドバイスして進んでいく。
 だから先生はノータッチ。それは有り難いよ。お金立て替えなくて済むからね。
 反面、その都度生徒からの情報無しには 物事は進まない。

 合否の通知も生徒の家へ直接届くんだよね。
 
 テスト当日の雰囲気も様子も、君からは何も伝わってこないので、
 どうしようもなく私はママに電話を入れた。
 不合格だった場合、項目別の採点結果によって次にどうするかを判断していく。
 それが無いと、手も足も出ない。保管して教室まで持ってきてもらわないと…

 当日、数分遅れで失格になってた事を、
 私が知ったのはそれから10日もたってのこと。
 「嘘ついてました」坊やはそう言った。

 いつものレッスンの曜日 坊やが教室に入ってすぐ 
 気になるテスト合否連絡の話題を出すと 
 さらっと返事が返ってきた
 ママに打ち明けたのは前の週のレッスンが終わった後だって
 教室を出てママの待つ車に乗り込んで これ以上隠していられない
 そう思って告げたらしい

 遅刻したのは仕方が無い 遅れそうだと思ったら試験会場に電話すればいい
 または 私の所へかママにでも電話してみたら何とかなった
 この時もう20歳になってたんだよね
 だからそれくらいの知恵はある 
 ただ差し迫った状態ではなかったんだよ この坊やにとって
 元々必要としていないもの 気の引けるもの
 気が進まないものだったので 対処することなくやり過ごしてしまった
 
 そういうことなんだよ




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック