☆お知らせ その他☆ 

 読んでくださってる方 ありがとうございます
 12月20日から突然重複記事が多くなってて 
 分かり辛いと思います ごめんなさい     

  
 1月24日の「禁じられた学び Ⅱ」から少し順番が整頓できるかと…
 テーマを< 学生 > にしてもらえると記事が順につながるので 
 よろしくね              





 空気感を伝えるにはどう表現したらいいか。 
 文章にまとめ上げるのは難しいですね。
 
 改善されることは無く、悪化するだけの様相。
 上品で優しい話し方や丁寧な言葉遣いに隠された、悪意と冷淡さ。
 何とかそれをリアルに伝えられたらと思っています。




 *     *     *     *     *     *     *

 この人と話してもいつもと同じ 
 「あの子は一番子供っぽくて…」 と目の中に入れても痛くない様子
 私のメールを見せてないし予想通り何も告げてないみたい 
 だらだらと1時間半もの会話 これだって無駄だね

 そして話し合いが持たれた
 他人と話す時は本音なんかで向き合わない母親も こういう場では違うよね
 本気で坊やを怒鳴ってるから 声のトーンもまるで違うよ
 愛情が深いのは分かるよ それは充分ね
 「何の資格も持ってないでどうするの!」ってそれはその通りなんだけど
 

 だからこんな習い方するんだったら 趣味で通うのがベストでしょ
 指導する側のストレスを考えてよね
 教えるというだけでなく 長年細心の注意を払って 
 君のあのうるさい母親に対処してきたんだから
 いいかげんにしてよ
  
 
                        「決別、そして闘い」より

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック