習いたいのはピアノ

 バイト先を尋ねただけでもムッとしてた。
 「そんなことまで言わなくちゃいけないんですか?」って。
 こんな不愉快そうな生徒を見たのは初めてだった。
 私そんなに不機嫌にさせる質問したのかなぁ?
 戸惑った。

 分からないけど、詮索されるのが嫌なんだろうと解釈した。
 もう大学のこともバイトのこともこっちからは聞かない事にした。
 私の本分はレッスンだしね。



 なのにそれ自体が入学を機に不調になってしまった。
 充実感も何も無いまま時は過ぎていく。


 レッスンが終わったらすぐにピアノを弾きたがる。
 この子の弾き方は独学なので私には指導の仕様が無い。
 一足飛びに最上ランクの曲を弾き出すようになって。
 段階を踏まえて教えられたり、取得してきた私の経験を超えてる。
 これはこれでこの道のプロが聴くとダメ出しがたくさん有るはず。


 我流で進みすぎるとよくない。


 普通なら興味の無くなってしまったオルガンは終了して
 自分の本当に習いたい分野に進むのがいい。
 


 そういうアドバイスに近いものは時に応じてしては見たけど
 決定権が無いんだよねこの子には。 






ノンフィクション
『エリート志向の闇~平気で嘘をつく子供』

 前の記事
 「禁じられた学び Ⅱ」 
 「大学名を言えない子」
 後の記事
 「歯車が狂い始めた日」
 「サービス業が向く青年」

 タイトル一覧
 あらすじ 

 全記事のタイトルは右サイドバーのテーマ<独裁者>
 または<嘘>をクリックして下さい。
 前半と後半に分かれて記事が順に並びます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック