めっちゃ陰湿!!

 新しく買った楽譜代を支払う時「聞いてないって。」と生徒は言う。
 「私の了解を事前に取らないで勝手に楽譜を購入しないで下さい。」
 そういう意味のことを母親が言ってましたってこと。
 何言ってるんだよ。
 既に一ヶ月以上前からそろそろ新しい楽譜が必要だねって、レッスンの時、そういう会話もやりとりもしてて、私が買いに行くことを生徒は知ってるよ。
 だから家でそういう話題を全く出せないのか何なのか?
 分からないけど、いくらなんでも、もう高校生なんだけど、生徒は。


 ちょっと異常というか、その家の中の関係性というか。

 どうなってるのって…。


 だから楽譜を用意してお礼を言われたことなんて一度も無い。
 普通 「お世話になります。」とか「ありがとうございます。」とか、たいていのお母さんはそう言うか、子供に伝えさせる。
 (何も言わなくてもそれはそれでいいし。)

 何ヶ月かすれば新しい楽譜が必要になるのは当たり前のことなのに。
 どこまでいっても文句をつけてくる。  
 子供が成長すれば解消されると思ったけど。
 変わらなかった…。



 楽器店の受付の人も自分の子供も、力関係から言うと母親の方が強い。
 自分の方が強い態度に出られる相手だよね。
 その強いものが弱いものを盾にして、クレームつける役割を押し付けている。

 自ら出向いて先生と顔を合わせて質問したり。
 疑問があったら、それを解決するために尋ねたり。
 対話して頼んだりお願いしたり。
 そういうこと一切しない。

 
 自分の子供を指導する人間に対してこうだから…。
 じゃあそれ以外の人達に対してはどうなのって思うよ。
 




ノンフィクション
『エリート志向の闇~平気で嘘をつく子供』の紹介記事でした。


 タイトル一覧
 あらすじ 

 全記事のタイトルは右サイドバーのテーマ<独裁者>
 または<嘘>をクリックして下さい。
 前半と後半に分かれて記事が順に並びます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック