蝕まれる心

 坊やは優しい男の子だった。

 でも他人を思いやってたら、自分が損をする。

 だから人には手を貸さず、自分の事だけやっていろ。

 人に構うな。人のことは放っとけ。



 そういうママの価値観に、ボクは合わせるしかなかった。

 子供だからね。

 でも合わせてさえいれば、ある程度の甘えは通るし、

 わがままも聞いてもらえる。

 家の中で大切にされる。

 伸び伸び暮らす居場所を得るのと引き換えに、従属することを選んだのさ。


                              

 慣らされてしまうと、得なんだよね。

 たとえ健全な感覚を蝕んだとしても…




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック