狂った神経回路

 私が一番釈然としないのは、自分の息子が嘘をつくことを、このお母さんあまり大きく受け止めてない、そう感じること。
 悪いことは悪いけど、そんな重大事とは受け止めていない、そんな感じがする。
 「すみません。2回も…。」とテスト不合格だったことに、詫びる言葉はあった。
 けど息子が嘘をついた事は、話題にもしない。
 それ自体に注意を払ってないようで、関心事の中に入ってないみたい。
 素通りしていってる。
 もっと重要なことがあってその前では取るに足らないこと。
 そんな空気が漂ってる。



 この母親がこだわってるのは、グレード取得、そのことだけ。

 資格を取っておけば、将来何かあった時のために、役立つ。

 お金に困ることが無いように。

 それに逆らったり、反抗することに怒ることはあっても、
 息子が嘘をつくことは、問題視してないんだよね。



 価値基準、狂ってるよ。 
  

 平然とあんなペラペラ 嘘つけることがもう異常だから。
 
 何の目的も無く、ただ嫌なことを先延ばしにするためだけの嘘。
 何のプラスにもならない、お金を支払って、同時に依頼した件を妨害する。
 こういうことするのは小学生ぐらいまでの子供だけ。
 大人はこんな無意味なことしない。
 「あの子は一番子供っぽくて…。」みたいに体面を保とうとしてるのか、それとも本気でそう思ってるのか知らないけど、これって一番大変なことじゃない。


 格好つけてるだけの、歪んで脆弱で、
 母親との関係性では小学生の坊やのまま。


 息子がそんな異様な大人になってしまったというのに。
 
  





 ノンフィクション
『エリート志向の闇~平気で嘘をつく子供』

 タイトル一覧
 あらすじ 

 全記事のタイトルは右サイドバーのテーマ<独裁者>
 または<嘘>をクリックして下さい。
 前半と後半に分かれて記事が順に並びます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック