女王様の楯

 楽器店の受付の人も小学3、4年の自分の子供も
 ママからすれば強い態度に出られる相手

 自分の方が強いよね
 その強いものが弱いものにクレームつける役割を押し付ける
 弱いものを盾にして攻撃してくる 
 自ら出向いて先生と顔を合わせて質問したり 
 疑問があったら それを解決するために尋ねて対話して
 頼んだりお願いしたり そういうこと一切しないんだよ

 子供が成長すればそれは解消されると思ってたけど
 変わらなかったね
 楽譜の代金を支払う時「聞いてないって」 と坊やは言う
 「私の了解を事前に取らないで勝手に楽譜を買わないで下さい」
 そういう意味のことをママが言ってましたってこと
 何言ってるんだよ
 既に一ヶ月以上前からそろそろ新しい楽譜が必要だねって
 レッスンの時 そういう会話もやりとりもしてて
 私が買いに行くことは坊やは知ってるよ
 だから家でそういう話を全く出せないのか何なのか
 分からないけど、いくらなんでももう高校生なんだから 坊やは

 ちょっと異常というかその家の中の関係性というか
 どうなってるのって…
 だから楽譜を用意してお礼を言われたことなんて無いよ
 普通 「お世話になります」とか 「ありがとうございます」 とか
 たいていのお母さんはそう言うか 子供に伝えさせる
 何も言わなくてもそれはそれでいいしね

 何ヶ月かすれば新しい楽譜が必要になるのは当たり前のことなのに
 一言文句をつけてくる 
 それでまたママに電話して説明したり

 自分の子供を指導する人間に対してこうだから
 じゃあそれ以外の人達に対してはどうなのって思うよ
 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック