受話器の向こうの沈黙

 坊やを教え始めて最初の発表会の事だった。
 発表会費の締め切りが迫っているので、私はママに電話した。
 間に合わないと困るので、持ってきていただけるようにお願いすると、相手は黙ってる。電話口で沈黙されると どうしようと思う。
 ほんの数十秒のやり取りだったと思うけど、ものすごく長く感じた。

 受話器の向こうでただ吐息なのか笑ってるのか、対面してれば分かるけど、電話だからかすかな雰囲気しか伝わらない。
 困ってるのか、どうしたらいいのか、どうして欲しいのか分からない。
 とにかく何か話しかけても、口ごもった様子でかすかに笑ってるような感じ。
 それでどうしようもないから、仕方なく 「じゃあ、私立て替えておきます。」
 と言うしかなかった。

 それまで「あの~。」も「え~と。」も何ひとつ発しなかった相手が、
 「それでお願いします。」と明るい調子ですぐに返答してきた。
 私がそう言うのを待ってたみたいだね。

 ママはこういう時、はっきりしゃべらないんだよね。
 困らせて相手が動くのを待つ。上手いよね。
 すでに曲を選んで準備に入って練習も進んでいた。
 スムーズに事が運ぶように、先生の立場としてはそれだけだった。




 
 延べ百何十人教えてきたけど、会費を立て替えた事があるのは、このご家庭のだけ。

 会費額は事前に知らせてる。家計を圧迫したり会費の納入が遅れると判断したら、どのお母さんも参加は見合わせる。そう思うよ。自由参加だもの。

 多少無理をしても何とかなる。
 誰かが何とかしてくれる。
 お金が足りなければあんた何とかしてよ。
 そんな単純な発想だと解釈してたけど今は違う。
 その後の数々の出来事を思うと、そんな可愛いものではない。







 支払いを滞らせると誰かが困る。
 ママも大人だからそんなことは充分分かってるはず。
 それでも自分の欲を通す。
 それがママの生き方なんだよね。
 坊やが小学生の時からハッキリしてたんだよ。


 無言の圧力。
 自分の立ち位置を分かってて、静かに強制してくる。
 有無を言わせない強い意志があるんだよ。
 そういう人だよね。
 








 前の記事
 「女王様の誤算」
 「王子様の静かな反乱」
 「会員カードでお買い物」

 「セコい保護者」などです。 

ノンフィクション
『エリート志向の闇~平気で嘘をつく子供』

 タイトル一覧
 あらすじ 

 全記事のタイトルは右サイドバーのテーマ<独裁者>
 または<嘘>をクリックして下さい。
 前半と後半に分かれて記事が順に並びます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック