冷気に包まれた夜

 真冬の雨の日.だった。
 身支度を整えて教室まで出掛けて行って、部屋で待機していた。
 レッスン時間を当に過ぎても生徒は来ない。

 8時に近づいて休みだと実感する。
 連絡し忘れだね。生徒は関与してないからね。
 前の週のレッスン時に言い忘れたか、その後来れなくなったのを、母親が連絡し忘れか。どっちにしても待ちぼうけの前後1時間。
 気楽でいいって事はない。
 教室内の点検と戸締りを済ませ、建物を出る。
 冷気が身にしみてくる。
 傘が揺れて水滴がかからないように気をつけて歩く。
 水溜りを踏まないよう冷たい足元を気にしながら帰っていく。


 ほんの少し注意を払ったり、関心を寄せてくれたら、
 私は走り回ったりせずに済むし、
 二重手間を避けたり無駄骨を折らずに助かる。
 そういうことは幾度となくあった。


 こっちが困るのを分かってて、
 或いは後でそれが分かっても知らない振りをする。


 私には関係ありませんという素振りでいる。








ノンフィクション
『エリート志向の闇~平気で嘘をつく子供』

 関連紹介記事
 冷 淡~希薄な間柄
 怠 慢~人に厳格、自分はルーズ
 音楽教室の痛い親子
 平気で嘘をつく生徒



 タイトル一覧
 あらすじ 

 全記事のタイトルは右サイドバーのテーマ<独裁者>
 または<嘘>をクリックして下さい。
 前半と後半に分かれて記事が順に並びます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック