情けない奴 ~真相~

 気は進まないけど母親の意向でグレード取得を目指している。
 小さい頃からの延長線上で、教室に通い続けている。
 そう思ってた。長い間そう解釈してた。
 でも微妙に変化していたんだね。
 君には新しい別の動機付けが加わるようになってた。


 ピアノを欲しがってたよね。
 まずその欲しいものを手に入れるには、レッスンを続けるほうが得策だと君は考えた。

 それからサークル活動。
 これに反対されたり妨害が入るのを避けたかった。
 守りたいという気持ちが働いた。

 単に渋々習いに来てた小、中学生の頃と違って、自分の中にポジティブな何かがあって、それを守るために習い続ける事にした。
 いつからというのはハッキリ線引きできないけど、高校三年のあたりから大学入学後、徐々に。






 そして三人での話し合いが持たれてからは特にそう。

 あの母親のことだから、グレード取得に向けてのレッスンを辞めてしまうんだったら、活動も認めないとか、攻撃や嫌がらせめいた事を言ったりしたりするんじゃないかな?

 私の勝手な推測だけど、それくらいはあり得るでしょ。
 充分有りだと思う。
 あの底意地の悪い母親のことだもの。

 サークル活動は趣味でしかない。
 一円にもならない事はあの母親にとっては無意味。



 電子ピアノを買ってもらう経緯にしたって、買ってやるからグレードを必ず取得するように、そんな条件めいたものもほのめかしてたかもしれない。

 とにかくタダで高額商品なんか購入する母親じゃないから。
 見返りを要求せずに何かをしてやるって、まず考えられない。







 君はもう引くに引けないところまで来てたのかもしれないね。

 その場その場で母親のボディブローに調子を合わせて来た為に、気付いたらもう撤回は不可能なほど深みにはまってたんだよ。

 







ノンフィクション
『エリート志向の闇~平気で嘘をつく子供』

 前の記事
 「計算された幼さ」
 「日常化した嘘」
 「高慢な親を欺く」
 「冷笑する子」
 「決断力の鈍い奴」


 タイトル一覧
 あらすじ 

 全記事のタイトルは右サイドバーのテーマ<独裁者>
 または<嘘>をクリックして下さい。
 前半と後半に分かれて記事が順に並びます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック