打算で習う子

 元々高校生の時は大学受験が大切で、そっちに母親の全神経が行ってた。

 入学してからは、今までの延長線上で惰性もあって、坊やも方針転換したいとは言い出せなかったんだろうね。軌道から外れる方が勇気が要るし。
 それにピアノを欲しがってたから、母親との衝突は避けた方が無難だと考えたんじゃないかな。
 利用してるんだよね。息子の方も。
 大人になって、親との関わりに打算が加わるようになる。

 オルガンには興味も失せてしまってたけど、母親の期待を裏切るとそれなりの仕返しも怖い。熱を入れてるサークル活動に口を挟んでくるかもしれない。
 それに欲しがってたピアノを買ってもらえそうだし、レッスンを辞めるなんて言って、撤回されても困る。家の支出を完全コントロールしている母親と上手くやっていかないと損だからね。調子を合わせる事に関しては、子供の頃からの習慣みたいなものさ。

 ピアノ購入後はますますレッスンを辞められなくなってしまった。
 ま、成り行きみたいなものだったんだろうね。


 君は大人になって打算を働かせるようになったんだね。
 母親との関係性では小学生のままの坊や。単にそれだけと解釈していたけど。
 打算というのは計算だから、損得勘定で冷静な考え。
 熱いハートの対極に有るよね。これでピッタリ来る。
 


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック