頑固すぎる女

 息子はもうオルガンには興味が無くなり、ジャンルも絞られてきた。

 だからそちらの専門家について習った方が、遥かに有意義。

 独学もいいけどピアノはタッチが命。変な癖が付く前に指導者に着いた方が、いいに決まってる。
 そう簡単なものじゃないから。


 母親は、オルガンの資格取得に固執し続けて現実が見えてない。
 だからアドバイスも耳に入らない。
 現実から離れて行ってはどうしようもない。
 この母親の世界観は現実からズレて行ってる。
 そして、それを指摘する他人の意見を聞かないんだよね。
 聞き流して真剣には受け止めない。

 子供諸共、自分達だけの世界に入り込んでしまって、他人を受け入れない。

 自分の胸の内を明かさない。

 大切な事は黙って隠して、意思疎通を図ろうとしない。

 指導する人のアドバイスは聞かず、営業の人の言う事は鵜呑みにする。
 これがそのいい例だよ。
 営業の人はお客様として自分を立ててくれる相手だからね。
 プライドが高いこの母親にとっては、最高の存在。
 楽器店に限らず、営業さんとの人間関係が母親にとっては最高のもの。
 
 先生はともすると自分にとって煙たい事も言うかもしれない。
 だから自然とバリアを張ってる。
 相手は専門職なのに安心して委ねない。
 自分を導く人をシャットアウトして、成果だけ得ようとしている。

 息子も全く同じ姿勢だよ。
 自分の世界だけに入り込んでしまって、先生のアドバイスを遮断してそれでも形だけはレッスンに通う。
 相手の気持ちを考える事もなくね。



 それは音楽に限らず、この親子の生き方を象徴してる。
 他人を受け入れない。
 遠巻きの、距離の有る関わりだけがベストになる。

 距離を置いた相手とだけ、支障無くやって行ける。

 そういうことだよね。
  



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック