冷笑する子

 この人が大切にしてるのはサークル活動。
 そこでの音楽との関わり、人との関わりが一番の興味の対象。

 大学の授業料を出しているのは親。
 生活費も親。この人はバイトで自分のお小遣いを捻出する。
 入ってきたお金は今まで楽しめなかったオシャレにもつぎ込まれる。この人は高校生まで着るものの全てはたぶん母親のチョイスだったんじゃないかと思う。限られた家計の中から母親が選ぶもの。教育に熱を入れてる母親は流行のかっこいい服を着せる事はあまり考えていない。いつも地味目な格好をしていた。だからバイトをするようになってこの人は、服を選んで自分の好み、目指したいスタイルを主張できるようになった。

 この年齢の男の子にとってそれがどれだけ大切なことかはよく分かる。
 自分の目指すもの、やりたい事ははっきりしてたんだよ。

 本当にやる気が有るなら教室は通える近場に移って、そこで楽譜も買ってエネルギーを燃焼させてたよね。
 

 母親を欺くのと同時に、その延長線上に居る先生も欺く以外にはないよね。
 それがこの人の方法、生き方。
 自分が大切にしているものを手離したり妨げられるのは絶対嫌だったんだよね。



 自分がどんな態度をとれば母親が満足するのか、この人は良く心得ている。
 意に沿って逆らわずに居れば家の中は平穏。

 母親からすると、息子は成長し、徐々に目の行き届かない世界に行動半径を広げていく。唯一音楽教室への往復が、変わることなく継続してる息子との接点。
 共通の目標を目指して行動する有意義な時間。
 それを途絶えさせるとどうなるのかは、本人が一番良く分かってる。
 たとえ惰性でも続けたほうが無難。


 子供が見えてない母親と、連絡事項や情報の遮断で立ち往生する先生。
 君はどういう気持ちでこの二人を眺めてたんだろうね。

 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック