「パーフェクト・リポート」第9話感想

 太陽のモチーフのキーホルダー。呼び起こされた11年前の記憶。
 蒼山叶(松雪泰子)は、澤村光輝(木村了)がそれを思い出した事で、彼の母親を殺した犯人逮捕に結びつく重要な手がかりを得たと確信する。

 編集部に、2年前起きた足立区の殺人事件で、やはり同じ「太陽のキーホルダー」が目撃されていたという情報がもたらされる。
 早速取材の打ち合わせに入る蒼山。その時、赤坂衆(小出恵介)のワシントン支局への異動が遊軍班の皆に知らされる。

 蒼山と黄田(要潤)は被害者、伊崎宅を訪れ目撃者の姉から話を聞くが、妹への取材に対しては拒否する姿勢だ。途中で早苗が帰ってくるが事件の事は思い出したくないようだ。

 赤坂と白石(小日向文世)は、代議士秘書、森山秀明(佐藤滋)の転落事故の際に、現場にいた可能性の高い女子中学生に会いに行く。麻生瑞貴(山谷花純)は何も知らないと言うだけ。

 何かを隠している様子なのは赤坂と白石にも分かったが、それ以上は追及せず、何か思い出したら連絡をして欲しいと名刺を渡す。

 蒼山ら遊軍班は目撃者の早苗から直接話を聞けないため、周辺の聞き取り、取材に精を出す。

 奥澤緑(相武紗季)と紫村健(小柳友)、蒼山と黄田、それぞれ丹念に周辺情報を集めて歩く。
 白石はデスクで太陽のキーホルダーの資料を調べる。
 被害者の娘は事件以降、引越して事件のあった家へは近寄っていないはずなのだが、近くで彼女の姿を見かけたという情報がいくつも入ってきた。
 そこで蒼山と黄田は駅で張り込んで、彼女が現れるかどうか待ち伏せする。
 早苗は元の家の近くまで来て、角を曲がろうとするがためらっている。
 そして振り返った時、後を付けて来た二人の姿を目にする。
 本当は事件と向き合いたかった彼女。

 姉の所へは奥澤が訪れていた。そして帰ってきた妹は自分の本心を告げて取材を受ける事にする。
 早苗は事件当時の事を思い出す。
 太陽のキーホルダーはジーンズのポケットのあたりで揺れている。

 澤村光輝の母親を殺害したのとたぶん同一犯ってことだよね。
 犯人は10年近く同じキーホルダーを使い続けてるんだね。
 物持ちがいい。よほどそのモチーフを気に入ってるのか?
 
 犯人の「鼻歌。」と「そっくりで…。」そこまでで、後は話ができる状態にはならなかった。


 また赤坂の調べている件では、唯一の手がかり麻生瑞貴が真実を話す…。


 早苗の証言「そっくり…。」というのは誰かの声にという意味なんだろうか。
 新たに事件が引き起こされ次週へと…。


 白石の記者仲間の話は、しみじみと味があった。
 それと即決できなくなった事に悩んだ様子の蒼山へ、「経験を積むと視野が広くなる。当然選択肢も増える。だから迷う事も多くなる。」といつものやんわりした口調でアドバイス。

 小日向文世ならではの空気感。

 赤坂はワシントンへ行く事を手放しで喜んでいる感じではない。
 どう結論を出すのか。

 









 秘書、森山と瑞貴の団地の屋上での場面はちょっと痛かった。
 このシーン、第9話の中のNGだと思った。
 とって付けたような台詞もお芝居も、状況も…(汗)
 それほど稚拙に感じてしまった。
 
 赤坂が転落死を目撃しPTSDを患い、彼の人生観までに影響を与えただろう重要なエピソード。
 森山の妻、美代子を演じているのは霧島れいか。
 夫を亡くし、その死に納得がいかずに赤坂を責め、怒りや悲しみの矛先を向けてしまう。そんな遺族の心情を巧みに表現していた。

 そのやり場のない感情は真実を知る事により、解けて消えていく。
 その真実とはどういうものだったのか。
 …てことでものすごく真剣に構えて見てたら、あれ。(汗)

 落ちますか?過ってバランス崩して。…てかあんな場所に立ちますか?
 立ちませんよ。普通。囲みも柵も無いところに。
 女の子も別に幼児って訳じゃないし。物事の判断できる中学生だし。
 それとも本当に自殺するつもりで立っていた?
 その後の二人の会話の浮いた感じも、本音で話してないから?
 だとしても、あまりにも無理があり過ぎ。

 私は政治家の献金疑惑とかで、秘書の森山さん告発しようとしてたから、それを阻止するため政治家サイドの何者かに突き落とされた…みたいなのを想像してた。
 
 本当にやる気あるとは思えないようないいかげんで適当な感じが…。

 

 もう、このシーンひとつで全体の足を引っ張ってしまった。
 無い方が良かったかもしれない。
 瑞貴が遊軍班のメンバーや、森山の妻らに真相を語る、「語る」だけの場面でも良かったかも?




 次、最終回だしね。
 白石の記者仲間の思い出も、蒼山の父親も、そして彼女が関わった11年前の事件の細かな情報も。
 登場するの結構遅いよね。

 最終回前にあわてて詰め込んできた感がする。

 やっぱはじめからちょっと、軽く見てた?(視聴者を)
 赤、白、黄色なんて登場人物の名前に付けるくらいだから。
 ま、テキトーだよね。

 

 第1話  第2話  第3話  第5話
 第6話  第7話  第8話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • パーフェクト・リポート 第9話

    Excerpt: 『絡む二つの事件太陽に隠された真実』内容11年前、母が殺された事件で逃げていく犯人が、太陽のキーホルダーを持っていたことを思いだした澤村光輝(木村了)その後の調べで、2... Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2010-12-13 18:22
  • パーフェクト・リポート (第9話 12/12) 感想

    Excerpt: 10/17からフジテレビで始まった『パーフェクト・リポート (PERFECT REPORT)』(公式)の第9話 『絡む二つの事件 太陽に隠された真実』の感想。 もはや、“事件記者”より“.. Weblog: ディレクターの目線blog racked: 2010-12-13 18:25
  • PERFECT REPORT 【パーフェクト・リポート】 #09

    Excerpt: 『絡む二つの事件 太陽に隠された真実』 Weblog: ぐ―たらにっき racked: 2010-12-13 20:00
  • パーフェクトリポート9 辛い過去と向き合う気持ちが大事マン?

    Excerpt: それが大事 なんなんだよぉ 正義に目覚めた政治家秘書は 屋上から突き落とされて 殺されたのではなく ただの転落死? それも落ちそうになった 子供を助けようとして 間.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2010-12-13 21:54