「流れ星」最終回感想

 橋の上で座り込んで泣く梨紗(上戸彩)。
 神谷(松田翔太)が近づいて寄り添う。
 立ち上がって歩き出そうとするが、ふらついてまたしゃがみこんでしまう。

 神谷の知り合いの病院に入院する。目覚めると神谷が心配そうに付き添っていた。
 何の相談もなく警察に出頭してしまった健吾(竹野内豊)に対し、彼女は置き去りにされたような気持ちでいるのだろうか…。



 自転車で元気に駆け抜けていくマリア(北乃きい)と「一年後」と出た時は、おどろいた。

 早い。何もかもが、見ているこっちも置き去りにされたような気分。

 元気に暮らしている健吾の一家と、熱帯魚を取り扱ってるお店にいる梨紗。

 そして修一(稲垣吾郎)が生きている事にも驚かされた。

 車椅子状態だけど、結局飛び降りて、一命を取りとめたみたいね。

 その兄の世話をしている梨紗。

 健吾は配送業務の倉庫で働いている。

 マリアは展覧会で入賞した事を、今は小さな病院で勤務している神谷に報告に来た。「私の主治医は先生だから。」
 最初に梨紗の居所を知って会いに来たのは神谷医師だった。
 インターネットのお店のホームページに、梨紗の姿が写ってるのを看護師が発見し、教えたようだ。

 彼はマリアの展覧会のパンフレットを渡す。

 マリアは健吾に「美奈子さんも呼んでいい?」と尋ねる。
 「それから…。」名前を出さないが、もうひとり作品を見て欲しい人がいる。健吾にはそれが誰かは分かっている。
 でも首を横に振る。
 自分から関わってはいけない相手。
 

 梨紗は健吾、母、和子(原田美枝子)、マリアの姿を遠目から見かける。

 でも見るだけで駆け寄って行こうとはしない。

 それから健吾も後姿の梨紗に気づく。

 でも引き返して追う事はしない。

 夜になって展覧会の場所までやって来る。閉館になっている。

 ガラス越しにマリアの作品を見る。「つながる命」というタイトルだった。

 そこへ神谷が来る。「僕、北海道へ行く事にしました。」と言う。

 梨紗を誘うのかと思ったが、そうでもない様子。「寒いところは苦手。」と返す彼女に「生活を変えてみたらどうですか。」と提案する。

 兄、修一は歩けるようになって梨紗のバッグを勝手に見る。

 預金通帳を開いて、随分驚いた顔をする。 

 そして、そのまま行方をくらます…。






 最終回のこの寡黙で静かな空気感。

 外野も雑音も無く、ただお互い相手を忘れずに、想い続けている事だけが伝わってくる。

 
 同僚の川本順二(杉本哲太)と妻、元婚約者(板谷由夏)も登場はするが、ほんの少しのお披露目程度。

 神谷医師は梨紗を好きだったんだろうか。

 たぶんそうかもしれない。でもハッキリとは意思表示しない。

 修一も意思表示はせずに姿を消した。梨紗のために…。




 黙っている間の饒舌。

 思っている事のほとんどを口にしない人々。

 何を感じ、何を考えているのかその表情や、瞳の動きで読み取るしかない。

 

 見ている私たちは彼らと同じ空間にいる。

 彼らが発するのは台詞ではなく、その人から出た言葉。

 だから同じ空間にいる。



 これほど静かなドラマをテレビで見るのは不思議な感じがする。

 映画ならそれは有りだけど。

 テレビのドラマは説明口調が当たり前になって、それに慣れているから、どういう状況になってこうなったのか、もっと説明して欲しい。
 そんな風に思う。

 でも説明しながら暮らす人たちはいないから。

 日常の断片を切り取ったら、きっとこんな風に、ぶっきらぼうで素っ気なくて、説明不足なシーンの連続なんだろうと思う。

 
 
 
 静寂が多くを語る。

 いつから相手を好きだったのか、いつから相手に惹かれていったのか、たくさん聞きたい事がある。

 でもそれは聞かなくてもいいこと。

 知らなくてもいいこと。

 言葉と言葉のあいだ、表情の奥深くから読み取ればいいこと。

 そう告げられてる。

 二人の再会に安堵し、そっと拍手。


 ストイックで硬質。

 そして濃密…。

 





                  梨紗、健吾幸せに。


 第1話  第2話  第3話  第4話  第5話
 第6話  第7話  第8話  第9話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 流れ星  最終話

    Excerpt: ん~~~ なんか最後の最後までもったいつけて、 ラストがあっさりしすぎじゃないですか~!? なんか、もっと!もっと、熱く涙するくらいの感動が欲しかった・・・ ちょっともの足りない・・・最後まで.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2010-12-22 01:08
  • 流れ星最終話 & モリのアサガオ最終話(12.20)

    Excerpt: ・流れ星最終話 一年後、健吾@竹野内豊と梨沙@上戸彩は再会してめでたしめでたし 修一@稲垣吾郎は・・・医者を騙してたのかね?こっちもめでたしか。 昼ドラみたいなノリは面白かったものの、感心はしないド.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2010-12-22 01:59