心の闇 異常な母親の支配する家

 収入の多い家庭でも、高額な物をたくさん買うと貧しくなる。
 毎月のローンで手元に残る現金が少なくなる。
 子供に習い事をさせるのはいいけど、近くで済ませずわざわざ車で送り迎えするから、余計、コストが嵩む。
 しかも子供は嫌がってる。
 母親の価値観、世界観が偏って歪んでいる。
 それに合わせて生きる家族。彼らが見る心象風景とは?

「冷淡で無神経な親子」 
 君の母親は他人に対して冷淡で、支出を徹底管理して子供を育てた。
 そういう相手との付き合い方を、君は心得ている。
 調子を合わせて受け流す事を学んだ。
 自分もそうなって相手と同調して、家庭での居場所を確保してきた。
 人の気持ちは分かるけど、分からない振りをしてとぼけたり、はぐらかしたりして、自分たちが損をするのを避けてきた。
 
 
 元々高校生の時は大学受験が大切で、そっちに母親の全神経が行ってた。
 入学してからは、今までの延長線上で惰性もあって、坊やも方針転換したいとは言い出せなかったんだろうね。軌道から外れる方が勇気が要るし。
 それにピアノを欲しがってたから、母親との衝突は避けた方が無難だと考えたんじゃないかな。
 利用してるんだよね。息子の方も。
 大人になって、親との関わりに打算が加わるようになる。

 君は平気で嘘のつける大人になり、同時に信頼関係より自分の有益を選ぶ人間になった。


 車に乗って教室に通ってさえいれば、当たりさわり無くやり過ごせる。
 だから気持ちが離れた状態でも続けたんだよ。

 この人にとって、大学での生活はかけがえの無い大切な物。
 誰にも邪魔されたくない。
 うるさい母親の機嫌を損ねなければ全ては順調に行く。
 それがクリアできたら後は適当適当。
  

 バイトで得たお金がサークル活動や交際費に回っていくのは当然だね。
 
 レッスンの事は一歩教室を出てしまえば忘れる。
 その程度の存在。
 そういう習い方をされると、先生は嫌な気分になる。先生は不快な思いをする。
 誰でもそれ位のことは分かる。君も頭では理解できる。
 理屈で分かってはいるが、心情まで思いやる熱いハートは持っていない。
 相手の立場になって、自分がどうしたらいいのかは考えないし、動かない。


 育つ過程で母親に同調し、身に染み付いた生き様だから。

 
「調子を合わせる怖さ」    
 君が同調してきたのは、包容力も慈愛も欠落した殺伐とした世界観だよ。
 その恐ろしさを君は解ってないね。

 君の母親は実体を見ないで、自分の理想に子供を近づけるよう行動してきた。
 たぶん受験する大学選びもそれと同じパターンだよ。
 地に足が着いていない。
 音楽教室では優秀な子が選択する特別ハイレベルなコースを受講させた。順当に習うより、子供の負担やプレッシャーは大きい。12年でじっくり取得していくものを6年間で上り詰める。レパートリーは足りず、実力を蓄える前に次のステップに行ってしまう。

 レッスン代と発表会費は普通の2倍かかる。教える側に無理を押し付けてでも、強硬に通してきた。それをもう当たり前だと思っている。
 外側の笑顔や立ち居振る舞いからは、見えて来ない無神経さ。いい言葉で言うと成り上がり者のたくましさ。まさに開拓地のブルドーザー。
 他人や物事に対する理解や情愛が薄い。
 それが当たり前の習慣の中で君は大きくなったんだよ。



 音楽に関わる者にとって致命傷だよ。

 何の感動も与えない。機械的な技術だけが優れている。
 自分だけの世界でまとまってしまって、自己完結している。
 

「豊かさに囲まれた貧困」 
 本当に裕福な家というのは、車を2台所有して用途によって使い分ける。
 適材適所で物を使い分けて、無駄や無理を減らせるんだよ。

 本当に裕福な家というのは、バランスが取れてて余裕が有る。
 
 収入が多くても、ローンで引かれて手元に入る現金が少なかったら、結局苦しい家なんだよ。

 お父さんは自分が働いて稼いでるから、自信が有る。
 お母さんは家計を完全コントロールしてるから強い。

 でも子供は?
 金の事を心配しても子供だから自分ではどうにもできない。
 母親の支配下に居る事が生きる術になってくる。
 母親が間違えてたって構わないんだよ。それが生きる術なんだから。
 そういう生き方を小さい時から体得してるんだね。
 母親の機嫌を伺って、逆らわないように、波風立てないように。
 
 

 外側から見ると子供に尽くす、教育熱心なお母さん。
 普通の感覚だと子供の送迎は、母親にとって負担や義務として映る。
 なので長続きさせて偉い方、と周囲の人達はそう見る。
 
 でも違う。
 音楽教育に熱心なわけじゃない。
 だから要項も読まない。目も通さない。
 テストの曲数すら知らなかった。
 音楽の事なんて専門的なことは分かってないし、理解してない。
 ブランドや肩書きが好きなだけ。
 子供がグレードを取得する。その響きが好きなだけで実体を分かってはいない。
 発表会とか華やかな事や外側に憧れるだけの人。





ノンフィクション
『エリート志向の闇~平気で嘘をつく子供』の紹介記事でした。


 「要綱を読まない女」参照

 関連記事
 「パジェロに乗る女 ②」
 「パジェロに乗る女 ①」
 「RV車を送迎に使う女」

 「薄っぺらな知性」

 その他の記事はタイトル一覧をどうぞ。

 あらすじ 



 全記事のタイトルは右サイドバーのテーマ<独裁者>
 または<嘘>をクリックして下さい。
 前半と後半に分かれて記事が順に並びます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック