人の気持ちより現金が大切

 生徒が教室に財布を置き忘れる出来事があった。
 高校3年の時だ。
 レッスンが終わって帰宅し、玄関の扉を開けると電話が鳴っていた。
 受話器を取ろうとしたが、間に合わず切れてしまった。
 着信データを見ると、未登録の携帯電話からだった。
 知人のは登録済みだから、気にせずそのままにしておいた。
 その後、十数分はたったか再びベルが鳴った。
 
 財布を教室に置き忘れたという生徒の母親から連絡だった。
 すでに自宅へ戻っていて、固定電話からの通話だった。

 教室と私の家は徒歩10分ほどの距離。
 仕方ないから「明日の朝見に行きますから。」ということで電話を切った。
 
 母親にとって、もちろん坊やにとっても緊急の用事ってことだね。
 それは良く伝わってきた。
 もちろん財布は大切だからね。

 
 クレームの電話も速くかかってくるけど、この時が一番速かったね。
 超速攻。
 人を使いに走らせる時は、何の遠慮も無く、ためらいも無く、
 しっかりコンタクトを取ってくる。
 一度掛けて不在でも、あきらめずに再度掛けなおす。
 あの未登録の着信は帰宅途中にかけてきたんだね。


 大切だから、電話した。連絡を入れた。
 自分たちにとって大切なことだけ連絡を入れる。
 相手が情報を必要としてても、自分が億劫に感じたら、連絡しない。

 サイフは現物だからね。
 急がないと紛失してしまう。
 急いだら発見してサイフを取り戻せる。
 でもテストが失格になったことは、どうにもできないアクシデント。
 納めた受験料は返ってこないし、知らせるのを急いでも意味が無い。
 この母親にとって一番大切なのは、そういう現物。
 他人の気持ちは優先順位の一番最後。
 これがこの母親の教育方針。
 小さい時から子供に繰り返し刷り込んできた。

 そして見事にそういう男の子に仕上がった。
  

             (2004年の秋)   「上昇志向の果て」
  






 嘘をつくのが平気で当たり前になってる息子に、人を教える資格を取得させようとしたり、大學で教職課程を取らせたり、それにいったいどんな意味があるのか?
 もっと大切なことがあったはず。
 一番大切なことが欠けてる。



 『エリート志向の闇~平気で嘘をつく子供』の紹介記事
  
 
 「荒 廃」  

 「空白と混乱」 
 「お高くとまった二人」

 「大学名を言えない子」
 「サービス業が向く青年」
 「習いたいのはピアノ」
 「歯車が狂い始めた日」


 「要綱を読まない女」
 「パジェロに乗る女 ②」
 「パジェロに乗る女 ①」
 「RV車を送迎に使う女」

   

 その他の記事はタイトル一覧をご覧下さい。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック