禁じられた学び

 高校生の息子の携帯のメールをチェックする母親。『エリート志向の闇~平気で嘘をつく子供』の紹介記事です。
「禁じられた学び」
 こういう家の子ってペット飼えないんだよね。
 犬も猫も たぶん飼ったこと無いはずだよ。
 ママが禁止するんだよね。「エサ代かかるからダメ 」ってね。
 友達が遊びに家に来るのも歓迎しないはずだよ。
 お菓子やジュース代かかるからね。

 見返りの無いものには絶対お金出さないと思うよ。
 自分が決めた教育費の類以外は、一切ね。

 だからハンドルの遊びの部分が無いみたいに、経験を積む世界も
 ママが決めた範囲に限られてくる。
 大人から見て不必要と思えるものでも、子供の人生にとっては、
 何か意味があるかもしれないのにね。
 
 育んで慈しんで、成長と伴に方針や方向を微調整して
 子供を理解して受け入れて、自由と責任を少しづつ譲り渡していく。
 たいていの家庭はこの路線で、上手く機能してるんだよね。

 でもこの家では独裁者のママが、世界の中心に居ようとする。
 高校生の坊やの携帯メールをチェックしたり 
 大学の科目の単位を計算したり
 20歳を過ぎても相手の領域に入り込んでいく。
 そうしないとママは不安なんだよね。
 子供が小さい時から、信頼関係の土台を築いてないんだよ。
 子供がなぜ嘘をつくのか、立ち止まって考えたことが無い。
 自分の理想とする枠組みから、一歩も出ないように管理するだけ。



 関連記事
 「禁じられた学び Ⅱ」

 「育ちの良さと卑しさと」 裕福な家で育ったのか、貧しい家で育ったのか分からない子供の姿。
 「貧困から生まれる悪意」 借りた物は返せ!他人が立て替えた金はすぐに払え!
 「豊かさに囲まれた貧困」  強欲女が生活の余裕を奪う。
 「高所得で貧しい家庭」 パジェロを所有してレジャーに出かけない家庭。

 「こんな母親はどこにもいない。」    
 「おまえの母親はズルいよなァ。」  
 「おまえの母親、セコっ!」    


 「上昇志向の果て」平気で嘘をつく大人になった生徒
 「荒 廃」  
 「粉砕された12年 後編」
 「粉砕された12年 前編」    
 「狂った神経回路」 

 「怪物親~人格障害~」 

 「葬られた善良な子」 

 「蝕まれる心」

 「悪質保護者」
 「強欲の果て」
 「統一されない素顔」
 「未来に戦慄が走る」
 あらすじはこちら→あらすじ 

 その他の記事はタイトル一覧をご覧下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック