人の気持ちより現金が大切

 「中流家庭の病んだ親子」からのつづき
 生徒が教室に財布を置き忘れる出来事があったのは、これをさかのぼる2年前の事。
 レッスンが終わって帰宅し、玄関の扉を開けると電話が鳴っていた。
 側まで行って受話器を取ろうとしたが、間に合わず切れてしまった。
 着信データを見ると、未登録の携帯電話からだった。
 知人のは登録済みだから、気にせずそのままにしておいた。

 その後、十数分はたったか再びベルが鳴った。
 
 生徒の母親からの連絡。
 財布を教室に置き忘れたという。
 車ですでに帰宅し、家の固定電話から掛けてきたのだ。
 教室と私の家は徒歩10分ほどの距離。
 仕方ないから「明日の朝見に行きますから。」ということで電話を切った。
 


 母親にとって、もちろん息子にとっても緊急の用事だったこの連絡。
 それはよく分かる。もちろん財布は大切だから。

 大切だから、電話した。連絡を入れた。
 自分たちにとって大切なことだけ連絡を入れる。
 相手が情報を必要としてても、自分が億劫に感じたら、連絡しない。

 それがこの親子のやり方。
 人を使いに走らせる時は、何の遠慮も無く、ためらいも無く、しっかりコンタクトを取ってくる。
 一度掛けて不在でも、あきらめずに再度掛けなおす。
 クレームの電話も早くかかってきたけど、この時が一番早かったね。
 超速攻。
 あの未登録の着信は帰宅途中に携帯からかけてきたもの。



 サイフは現物だから急がないと紛失してしまう。
 急いだら発見してサイフを取り戻せる。
 でもテストが失格になったことは、どうにもできないアクシデント。
 納めた受験料は返ってこないし、知らせるのを急いでも意味が無い。
 この母親にとって一番大切なのは、そういう現物。
 他人の気持ちは優先順位の一番最後。
 これがこの母親の教育方針さ。
 小さい時から子供に繰り返し刷り込んできた。

 そして見事にそういう男の子に仕上がった。
  

                          『上昇志向の果て』


 





 仕事を依頼して、同時に妨害して、結局自分達が損をしてる。
 この愚かな親子は自分で自分の足を引っ張ってる事に気づかない。
 どうでもいいクレームだけは素早く付けてくる。
 小銭にだけは抜かりがない母親。
 油断もスキもない。

 
 


 関連記事
 「会員カードでお買い物」

 「お買い物は雨の日」

 「遠距離と交通手段」
 「遠距離と交通手段 Ⅱ」

 「禁じられた学び」
 「禁じられた学び Ⅱ」

 「蝕まれる心」
    
 「大学名を言えない子」
 「会社名を言わない女」

ノンフィクション
『エリート志向の闇~平気で嘘をつく子供』

 タイトル一覧
 あらすじ 

 全記事のタイトルは右サイドバーのテーマ<独裁者>
 または<嘘>をクリックして下さい。
 前半と後半に分かれて記事が順に並びます。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック