「BOSS 2nd」最終回感想

 大澤絵里子(天海祐希)たち「対策室」のメンバーは、次々と身に覚えの無い容疑で逮捕され、取調べを受ける。
 野立信次郎(竹野内豊)は、背後に大きな組織が関わっていると丹波博久(光石研)に訴える。
 丹波の一言でメンバー全員は釈放される。

 木元真実(戸田恵梨香)、片桐琢磨(玉山鉄二)、山村啓輔(温水洋一)、岩井善治(ケンドーコバヤシ)らは、対策室に集まる。

 絵里子は、田所幸子(長谷川京子)に花形一平(溝端淳平)はどうしたのか聞く。幸子は、花形は高熱のため欠勤すると答える。そして、絵里子の携帯に花形からのメールが届いた。

 真実が解読した情報はまだ一部だった。
 絵里子は「ちょっと待って、この番号は?」と文字を指差す。
 「森岡の職員番号だ。」と野立は答える。
 警察の裏金で秘密警察が組織化されているようだ。
 2年前、当時の国家公安委員長の黒原健蔵(西田敏行)を狙撃したのも「黒い月」ではなく、警察内部の犯行。
 竹岡首相は情報開示を掲げる開かれた国づくりを目指している。自分達にとって邪魔な主義主張の政治家を消してしまおうという目的なのか?

 森岡博(大森南朋)がこの犯行を企てたトップなのか?
 全ての指揮は森岡がとっているのか?

 そしてサミットの当日がやって来た。


 首相暗殺計画を阻止するためメンバーは動く。
 黒原理香(成海璃子)が暗号解読とネットの操作を一手に引き受ける。

 一方、花形のメールに不審を抱いていた野立は田所に居場所を尋ねる。
 田所は背後から何者かに撃たれる。
 手には花形がいると思われる病院の名前が。
 
 木元が起爆装置を解除。
 だが犯行グループの目的は首相ではないと絵里子は気づく。
 首相を狙っていたと思わせて実は他の人物殺害を企てているのだと。
 首相が退席した事で、スケジュールのスピーチの順が繰り上がる。
 理香が連絡してくる。暗号解読で資金源にバイオテクノロジーが関係していると。そしてボルテックスという文字があったと。
 会場に入った絵里子は西郡住夫(神保悟志)教授が舞台の中央のマイクに近づこうとする所をメンバーらに伝え阻止。
 マイクに仕込まれた空気砲はかろうじて西郡教授をかすめ、後ろのスクリーンに直撃した。
 走りよる怪しげな男を取り押さえる絵里子だがその時、手の甲に傷を負う。


 大騒ぎになった会場。
 西郡は救急車で病院に運ばれる。
 しかしその病院は花形がすでに運び込まれた病院だった。

 木元に病院内のことは任せ、絵里子と野立は森岡を追う。
 追い詰めた二人だが射撃の腕は森岡が勝っていた。しかしチームプレイで絵里子らの勝ち。森岡に手錠をかける。

 倒れる絵里子。
 ワクチンを運ぶ木元。
 そんな絵里子の携帯に着信が。理香だった。ワクチンが届き、野立らは病室へ駆け込むが、絵里子の姿はなく窓が開いていた。

 そして本当の黒幕である人物の所へ現れる絵里子…。





 さすがに最終回は緊張度が高かったですね。

 防犯カメラの映像をすり代えて、木元がダクトの中へ入って行く辺りはハラハラしましたね。
 画像が切り替わってダクトを塞いでいる金属板が揺れてる所なんかは上手い!

 そして相手が誰であってもブレない絵里子の姿勢が描かれていました。
 (かっこ良すぎ~!)

 第1話で伏線を張っていた未解決事件を、最終回のここまで引っ張ったんですよね。長い!w
 間延びした…というより狙撃事件の内容がよく分かっていない。
 1話完結の事件が続いたので、あんまり考えてなかった。
 あんまり興味が湧いてこない。
 黒幕が分かったけどそんな驚きもなく。

 それ自体がすでに荒唐無稽。
 企てられた計画や目的そのものが…大げさすぎて。
 かえってピンとこないものはあった。



 花形がどうなったのか、田所はどうなった、そして絵里子は?

 危険にさらされた彼らの事が気になるだけでしたね。

 彼らの命はどうなるのか。
 けど、ラストは元気でした!w

 シリアスなようでいて、やっぱりシュールな感覚は健在だし独特な世界ですよね。


 ファーストシーズン4話ほどしかまだ観れてないんですけど、BOSSのセカンドシーズンはファンに向けての特別編って感じがします。
 すでに犯人の意外性なんてもう描く必要がなく、絵里子を始めメンバー達のお披露目のような作品。
 犯人役に魅力のある大物を配し、彼らの方から恵理子やメンバーに近づく状況にして、BOSSショータイムを盛り上げている。
 絵里子に将棋を教えたり、取調室に自ら立てこもったり、お見合いしたり、娘をメンバーの恋人にしたり、もうどこにいるか分からない犯人を捜索して追い詰めて時間を取るより、こっちの驚きのシチュエーションを重視。
 ショーアップされた事件はだからやや、現実とはかけ離れた匂いがする。

 










 他の仕事でスケジュール調整が難しい戸田恵梨香の見せ場をやっとたくさんつくって、これだけはやれやれって感じ。
 携帯の画面に「木元真美」の名前でずっと引っ張って…。w
 

 
 第1話  第2話  第3話  第4話  第5話 
 第6話  第7話  第8話  第9話  第10話 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • BOSS2  最終回

    Excerpt: うん、面白かった~~ だけど、まぁいろいろと思うところはありましたが(^_^;) 森岡(ピーピー)と黒原をさんざん最終回まで引っ張っておきながら、 終わり方はちょっとガクッとしましたf(.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2011-07-01 16:39
  • BOSS 2ndシーズン (第11話・最終回 6/30) 感想

    Excerpt: 4/14からフジテレビで始まったドラマ『BOSS 2ndシーズン (公式)』の最終回『ゆずれない正義』の感想。 台詞も捜査もトントン拍子で… 森岡(大森南朋)の頭脳プレーが先手.. Weblog: ディレクターの目線blog racked: 2011-07-01 18:27
  • BOSS case11(最終回)ゆずれない正義

    Excerpt: 『ゆずれない正義』 内容 突然、業務上横領容疑で逮捕された絵里子(天海祐希) 片桐(玉山鉄二)は、覚醒剤取締法違反。 山村(温水洋一)岩井(ケンドーコバヤシ)は、殺人で逮捕されてしまう。 対策室を.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2011-07-01 18:29
  • 別館の予備(BLEACH&BOSS)

    Excerpt: 7月1日 BLEACH&BOSS TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10937486904/67d9e928 Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2011-07-01 19:56
  • 「BOSS」最終話

    Excerpt: “ストーカー殺人”発言に笑った 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106300002/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2011-07-01 20:03
  • 「BOSS 第2期」最終話

    Excerpt: LAST CASE「ゆずれない正義」 視聴率15.5%  Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2011-07-01 20:21
  • 蟻vs象!大切なことはすべてボスが教えてくれた(BOSS 2ndシーズン#11最終回)

    Excerpt: 『BOSS 2ndシーズン』藤森楓@木南晴夏との恋が実らず自暴自棄になっていた片桐琢磨@玉山鉄二が覚せい剤取締法違反、岩井善治@ケンドーコバヤシと結婚相談所はどうなったのか気に ... Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2011-07-01 23:03
  • 事件だから!

    Excerpt: ドラマ「BOSS」を見ました。 フジにて 木曜10時にやってました シリーズ2作目となる本作 とはいえ 僕は1作目は見てませんが・・・ テイストとしては1話完結型の 刑事モノです もう 2作目.. Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2011-07-14 22:16