「美男ですね」第1話感想

 双子の兄の代わりに人気イケメンバンドのメンバーになり、女の子である事を隠して共同生活を始める桜庭美子(瀧本美織)。

 様々な騒動を起こしながらも、廉(玉森裕太)、柊(藤ヶ谷太輔)、勇気(八乙女光)との交流や信頼を深めていく。

 2時間ちょっとの初回で、すでに女の子である事がバレてしまった。(笑)

 …てことは世間的には新メンバー美男だけど物語は女の子、美子として進展していくようですね。


 早めの展開でラブロマンスの花が咲くようです…。

 


 
 玉森裕太は「幸せになろうよ」で黒木メイサの弟役だったから、ちょっと気になってました。

 普通の高校生の役だったのよね。
 ヒロインの弟で、小林薫の息子で、高畑淳子の息子で、すごい美味しいポジションだったと思うのよね。
 10代の男の子は玉森裕太君一人の出演だったし、目立ってた。
 脇役だから重圧はないし、ちょっと小生意気だけど今風の男の子で、等身大のスタイルで良かったと思うのよ。



 今回はミュージシャンで人気アイドル。気難しくプライドが高い。スターとして大きく飛躍するには何かが欠けていると周囲に思われている。ヒロインに反発心を抱いて凄く感情的になるわけだけど、たぶん恋愛に発展して行く恋のお相手。


 この微妙な感じの役回り。
 一人の人間として成長して行く姿を、ヒロイン美男(美子)との関わりを通して描いていくんですよね。
 すでに初回で倒れた美男の代わりに施設に行って、子供達に歌を披露したり、いい所があるってエピソードはあったんですが。
 冷たくあしらっていても、実は放っとけない熱い男の子。
 この絵に描いた様なヒロインの相手役を上手くこなせれば、役柄通り飛躍していけそうだけど、一歩間違えて(演技が追いつかず)イマイチな感じになると…。


 脚本や演出の仕方もあるしなァ。


 素敵な玉森裕太君を見せてもらえるといいなぁと…。
 髪型はこのドラマのより「幸せになろうよ」の方が好きです。(^^ゞ
 ヘアメイクさんもう少し前髪下ろしてあげて。 (^^ゞ



 
 
 瀧本美織は元気で明るいさわやかな女の子をソツなくこなし、ボーイッシュな感じを好演してますよね。

 やっぱり骨格的に男子に見せようというのは無理がありますよね。
 これは「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」の前田敦子も同じで。
 彼女も健闘してて、歩き方ひとつ取っても男の子になりきってるんだけど、体格が女子。
 肩幅やシルエットも、どこからどう見ても女子にしか見えない。

 華奢だと思える男子でもまだ彼女らよりひと回り大きかったりする。
 
 リアルに男子に見せようなんてさらさら思ってないんでしょうし、本当にそういう見せ方するんだったら、片瀬那奈位の身長は要りますよね。



 ところで青空学園のエピソードは1話完結物と同じで一回きりの…ですよね。石坂浩二とか子供達はゲスト出演なんですよね。

 こんな風にレギュラーメンバーだけでなく、ゲストを交えたエピソードは楽しみです。






 

キャスト
 桜庭美子(瀧本美織)
 桂木廉(玉森裕太)
 藤城柊(藤ヶ谷太輔)
 本郷勇気(八乙女光)
 
 安藤弘(高嶋政伸)
 馬淵始(柳沢慎吾)
 RINA(片瀬那奈)
 沢木弓子(能世あんな)

 桜庭シゲ子(井森美幸)
 水沢麗子(萬田久子)
 修道院長(梶芽衣子)
 原田 青空学園の園長(石坂浩二)  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック