「ドン★キホーテ」第3話感想

 病院に行き医者に相談する城田(松田翔太)と鯖島(高橋克実)。

 「お二人とも大変お疲れのようで。
 忙しいという字はリッシンベンに亡くすと書きます。
 リッシンベンには心という意味があります。
 お二人は忙しすぎて…」と信じてもらえない。 

 鯖島(中身は城田)はネットでぐぐることに。網をかけてググっと引っ張ると城田(中身は鯖島)。



 今回のゲストは松岡文也(田中碧海)。
 ゲームソフトの海賊版を運んでいた。
 少年を連れてきた刑事、神山竜(大河内浩)は城田の因縁の相手だった。

 「おまえらあのガキ立ち直らせるんじゃなかったのかよ。」と城田は児童相談所から逃げ出した松岡を探しに出て行く。

 運び屋として利用されていた松岡。
 ゲームソフトの密売組織に関わっていた。
 携帯で海賊版ソフトを運ぶ急ぎの仕事を持ちかけられ、児相を抜け出したのだった。
 メールはそれができるのは自分しかいない、仲間から頼りにされていると思い込むような文章。
 しかし警察が動いている事に気づき助けを呼ぶ松岡。


 仲間からのメールは届かず誰もいない。
 そこへ城田と鯖島が駆けつける。
 利用され裏切られた事を認めようとしない松岡。


 そこへ神山がパトカーで大挙して乗り込んでくる。

 松岡の手を取って走り出す城田。
 
 松浦幸子(成海璃子)は城田が大変な事をしていると所長の水盛ミネコ(小林聡美)に連絡する。


 松岡は転び足を怪我する。そんな彼をおぶって必死に走る城田。
 体力がないためすぐにヨタヨタになってしまう。
 息を切らしながらでも走るのを止めない城田。
 鯖島と城田は松岡の肩を両方から抱えて走る。
 刑事達に挟まれて逃げ場を失くす。

 そこへ所長が「散歩長すぎ。」と車で乗りつける。

 松岡は神山に「これ調べてください。」と携帯を差し出す。

  



 第3話は会った事もない者同志がハンドルネームを使い、メールのやり取りだけで親しくなっていく危険性を描いてました。

 実体を伴わない付きあい。
 そんな人間関係も、自分をよく分かっている大人なら器用に実生活に取り入れて幅を広げていけるのかもしれませんが…。


 この少年よりトカゲとメリークリスマスの城田の方が寂しい… (^^ゞ

 あのトカゲ、ペット用ですか?

 綺麗だったなァ。
 クリスマスの緑の円錐形ハットがよく似合ってました。w
 飼いたくはないけど。
 友達にはなれないと思うけど。w



 鯖島の妻あゆみ(内田有紀)が浮気を疑い、夜こっそり抜け出した夫の後をつけてお店に乗り込んできました。

 鯖島、ピンチ!!
















 鯖島は城田の体に入ってるとはいえ、律儀に城田の職場に通って真面目!
 


 そこからすでにもうヤクザ者じゃないのよね。
 ガサツでぶっきらぼうだけど、面倒見も良く情の厚いオジチャンだね。w



 第1話  第2話


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック