「ドン★キホーテ」第4話感想

 あゆみ(内田有紀)がキャバクラに突入して来た。
 あわてふためき謝る鯖島(高橋克実)。
 「おまえがそんな風にビビッてるから…。」と城田(松田翔太)は動じない。「家から放り出しゃあいいんだよ。」と大きく構える。

 4歳の唯(栗本有規)が児童相談所に保護された。
 父親はシングルファーザーの森口真一(柏原収史)。


 祭りと聞いて途端に浮き足立つ城田。

 怒って部屋から出て来ないあゆみの機嫌を取ろうと鯖島は必死。若頭の兵頭大介(松重豊)に尋ねるが「やっぱり真心じゃないですか?」と困惑顔。
 鯖島はあゆみの「あれ」が分からない。

 「親父まだかよ~。」と唯を任され、真一が迎えに来るのを待つ城田。
 適当に唯を職員に預け、買い物に行く。
 白いスーツを着て街を歩くと、女の子に騒がれていい気分。

 「赤外線はシミになる」と携帯が分かっていない。
 せっかく逆ナンパで遊びに行こうとしたら、唯が泣きやまないという連絡が入る。

 「代官山ってどこの山?」といろんなことが分かってない。

 イメチェン城田は方向性を間違えてる。

 唯は城田を気に入ってなついてる。
 養護施設に預けた方がいいのではと所長、水盛ミネコ(小林聡美)や担当の難波亜希(市川実和子)、他の職員達は話し合う。
 
 一方、鯖島はあゆみの言う「あれ」を見つける事ができない。

 鯖島に唯を預け、ナンパされてランチ合コンに出かける城田。

 しかし女の子達は店の外にいる鯖島の姿を見てハゲと笑い、ブチ切れる城田。

 祭りの準備に没頭することにし、兵頭や組員のヤス(山根和馬)、ケン(青木健)らにも手伝わせる。
 「鯖の会」NPO団体やっている鯖島も祭りの準備に参加。
 唯と鯖島は、城田とお好み焼きの下ごしらえに忙しい。

 相談所の庭に祭りの屋台がたくさん並んだ。
  
 
 唯はお好み焼きを美味しそうに食べ、真一はそれを眺める。
 仲良くなった松浦幸子(成海璃子)や皆と楽しいひと時。



 城田はリーダーシップで祭りを盛り上げる。

 お好み焼きをあゆみの所へ「持ってけ。」と言って鯖島に渡す。

 あゆみの「あれ」はお好み焼きだった。
 二人の出会いの思い出の味。
 最後はサルサで情熱を確かめあう二人。w






 第4話のゲストは父子家庭の唯と森口真一でした。


 ゲストの女の子は年齢も4歳ということで、行動半径はそんなに広くありません。
 唯がなつく城田を中心に物語は進みます。
 父親役の柏原収史もそれほど存在感はありませんでした。
 やっぱりこのドラマで見せたいのは、城田の中身。
 鯖島の心、そのものなんでしょうね。
 人情味のある豪快な彼の存在がこのドラマの全てですね。

 気弱な鯖島(中身は城田)は脇役で、メインではありません。


 この世界は人情を失ってしまった。
 そんな訴えが祭りのシーンに表れてました。 

 森口真一の勤める荷物配送会社の雰囲気は殺伐としていました。
 派遣労働者や、正規社員でさえも何かひとつ不備があると、すぐに辞めさせられてしまうような不毛な世界。
 人の心が置き去りにされていく社会。

 そんな社会の有り方に警鐘を鳴らしていますよね。

 「虚しい。」と城田の口からこんな言葉が出てきてふ~んと思いました。
 ランチ合コンで喜んだのも束の間、自分の容姿をけなされ、人を人とも思わない若いオネエチャンに失望します。

 イケメンだけがもてはやされて、コミュニケーションツールも携帯電話が中心になって、鯖島のような年齢の男はどんどん社会から取り残されていく。
 そんな怒りにも似た寂しさを感じました。

 今の社会への絶望に満ちています。
 松田翔太のようなイケメンでないと主人公にはなれない。
 だから彼の姿形を借りて、鯖島のスピリットを描くしかなかった。


 テレビドラマで中年男の心意気なんて描いても、誰も見ないし相手にされない。
 仕方ないから若い売れてる俳優に代わりを演じてもらおう。
 中身が入れ替わるSF仕立ての物語なら、何の説明も要らない。

 キャストだけで視聴率が上がる時もある。



 だから若くて人気のある松田翔太さんに全てを託した。

 

  

 
  

  

 次回もゲストは児童相談所の手助けが必要な家族。
 壊れつつある社会や家族を描いていますが、同時に居場所が失くなっていく世代や、片隅に追いやられていく人たちの強い主張が込められている。
 そんな気がします。
 


 第1話  第2話  第3話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2011年08月02日 01:09
こんにちわTackyと言います。
そうですね、色々な家族の事情が分かって為にもなります。
シングルファーザーが大変だなんて事もしらなかったので、シリアスな話の中に笑いがあって、とても面白いです。

また、遊びに来ます。
2011年08月02日 18:44
はじめまして、Tackyさん。
ストーリーは笑えて面白いけど、城田の仕事は深刻な問題を抱えた家族に関わる事で、とてもハードですよね。ドラマのようにスッキリ早く解決しないケースもあるだろうし…。

人情味のある城田の中身はカッコいいですね。

この記事へのトラックバック

  • 「ドン★キホーテ」第4話~今回の児童相談所案件はヌルイ

    Excerpt: 「ドン★キホーテ」第4話 今回は、イマイチ・・・。 4歳の唯ちゃん(栗本有規)とシングルファザー・真一(柏原収史)を巡る話は、児童相談所案件として、ひっ迫感が見えなくて、なんだかパッとしなかっ.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2011-07-31 11:07
  • ドン★キホーテ 第4話:お好み焼き大作戦

    Excerpt: 想い出の味かぁ…キコキコ _占(⌒¬⌒*)お好み焼き♪ 前回のラストを見た際には、あゆみと鯖島の夫婦仲がどうなる事やらと心配したけど、 意外にすんなりとその場が収まってびっくり~! あんなに怒ってたあ.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2011-07-31 11:13
  • ドン★キホーテ (第4話 7/30) 感想

    Excerpt: 7/9から日テレで始まったドラマ『ドン★キホーテ 』(公式)の第4話『お好み焼き大作戦』の感想。 やっと鯖島が城田を満喫する姿が描かれて… これまで鯖島が城田(松田翔太)の姿でやっ.. Weblog: ディレクターの目線blog racked: 2011-07-31 12:09
  • 「ドン★キホーテ」第4話

    Excerpt: 4「お好み焼き大作戦」   Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2011-07-31 15:18
  • ドン★キホーテ 第4話 お好み焼き大作戦

    Excerpt: 『お好み焼き大作戦』 内容 鯖島の妻・あゆみ(内田有紀)にキャバクラ通いがバレてしまい 鯖島(高橋克実)。。。。の姿の城田は、怒鳴られてしまう。 なんとか、城田(松田翔太)の姿の鯖島が。。。治めてく.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2011-07-31 16:57
  • ドン★キホーテ 第4話

    Excerpt: 「お好み焼き大作戦」 4歳の唯(栗本有規)が児童相談所に保護された。 シングルファザーの真一(柏原収史)は懸命に唯を育てていたが、仕事で帰りも遅く、心配する近所の人からたびたび通報をされていた。 亜.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2011-07-31 18:12
  • 《ドン★キホーテ》#04

    Excerpt: すっかりキャバクラで楽しんでいた、@城田。だが、何かいつもと違う言動に、疑いを持ち始めたあゆみが、後をつけてきて、どなられた。@鯖島は、謝るな、ほっときゃいいと教ええるが、@城田は、気が小さくて、かな.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2011-07-31 21:41
  • 『ドン★キホーテ』 第4話

    Excerpt: 母親が一人で子供を育てるのも大変ですけど、父親がそれをするのはもっと大変なことかもしれませんね~。しかも今回の父親・森口真一(柏原収史)は、一生懸命なんだけれど不器用なタイプ。慣れない仕事のせいもあっ.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2011-08-01 12:39