「IS(アイエス)~男でも女でもない性~」第1~5話感想

 感想は書いてなかったけど、最初から見ています。
 春を演じる福田沙紀のちょっとぶっきらぼうな感じがなんとも魅力的。


 そしていろいろ考えさせられるドラマです。
 
 相原美和子(剛力彩芽)の母親、直子(西田尚美)が春に向かって言います。

 「自分の事を俺なんて言ってるけど、スカートをはいてる。」
 そうしないと世間に受け入れてもらえないから。
 「嘘をつかないと、なりたい職業にもつけない。」

 男か女かどちらかでないと、世間は受け入れない。
 世間は星野家のようなハートウォーミングな人たちばかりじゃない。
 そう…確かにそれはあるかもしれません。

 結構、キツい台詞やなんかが飛び交っています。
  
 春は中身が完全に「男の子」なんだったら、戸籍に女性としてしまったのはまずかったのか。
 性同一性障害と同じ悩みが生じている様な気がします。

 レビューサイトを読むと、男性か女性かは保留できるそうですが。

 フィクションなので、戸籍上の性と中身の違いからドラマを発展させてるので、例えばって事で受け止めるといいのでしょうが。

 先輩の伊吹憲次(井上正大)との関わりは友達以外には考えられない。
 今の春は単純に「友達」が欲しい。
 男の友達。サッカーの話しをしたり、男の子として気のおけない友人が欲しい。

 けれどいつかは選択を迫られる日が来る。
 春は男として女性が好きなのか?
 恋愛対象はどっち?ってことですよね。
 ドラマは第4話まではそこまで描いていないし、美和子とも伊吹とも友情の域。

 そして5話になって初めて春に迷いが生じます。
 先輩の事を意識するようになり、自分は体が女性になるのと同時に中身もそうなっているのかと…。
 一方、女の子として育てられた美和子は手術で女性になる事に抵抗を感じて、強引に物事を進めようとする母親に反発します。
 逆に父親は美和子の話をよく聞いてあげて、いい人だと思います。
 ISの子が入学するという情報を得て、娘にそれを教え、同じ学校に入学できるよう計らいます。
 本当は情報を漏らしてはいけないんでしょうけど、娘のために。
 更に「しずくの会」を紹介して美和子がひとり孤独に陥らないように考えています。
 第5話で美和子は春をその「しずくの会」へ連れて行きます。

 また春の幼馴染、礼音が美和子に「可愛い」とときめき、一目惚れのような感じで交際を申し込むんですよね。
 美和子は自分の状況をよく分かっていて、断ります。
 美和子は落ち着いていて冷静です。
 どちらかというと春の方がこの先、大きな変化の波に揺れ動いて何か決断を強いられるのかも。

 美和子は逆にISであることで、両親が神経質になり世間というものを両親の目を通して見てしまっているので、この先なにかあっても器用に乗り越えていくような気もするのですが。

 春の両親はとにかく純粋でいい人過ぎます。
 それはいいのですが、世の中にある「悪意」というものの存在すら感じさせない家庭の中。のびのびと幸せな子供時代もいつかは卒業する時が来ます。

 パティシェになって父親とケーキ職人としてお店を経営していく夢。

 それも叶うといいし、また自分の居場所、男性か女性かどちらかがハッキリと自分の中で決まればいいと思います。
 女性として先輩と交際して行くのか、そういうのも気になります。
 また伊吹君は父親との生活で何か訳有りのようで…。 



 …などこの先を期待。

 ところで…。

 剛力彩芽は超ロングのウイッグ。
 「大切なことはすべて君が教えてくれた」でショートカットだった彼女。
 生放送でもショートヘア。
 急にドラマの時だけ髪が伸びるわけもなく。
 エクステンションなのか、まあそれはいいとして。

 レビューサイトで気になった「ヅラがコントみたいで痛すぎ。」
 星野陽子役の南果歩はヅラ?
 あまり気にならなかった。ウイッグ?でもそうは見えないけど。
 ああいう髪型のお母さん、今、いないよね。(笑)
 なんでもっと現代的な南果歩として髪をアレンジして出ないんだろう?
 高橋ジョージはそのまんま高橋ジョージで演じてるのにね。w
 整髪料たくさん要りそうな、風が吹いてもなびかない。
 パティシエにはとうてい見えない。w
 ロックンローラー星野!!
 (車の修理工とか、建築現場の主任とか、ガッツリ男っぽい職業が似合いそうだよね。)

 役作りしてくださいよ。ホントに。

 西田尚美はファブリーズのまんまだしさぁ。w
 「Q10」で佐藤健の母親だったよね。
 髪型ず~っと同じ。(笑)






キャスト
 福田沙紀【役名】星野春

 剛力彩芽【役名】相原美和子

 高橋ジョージ【役名】星野太郎
 南果歩【役名】星野陽子

 西村雅彦【役名】相原賢一
 西田尚美【役名】相原直子


 入江甚儀【役名】斉藤礼音

 井上正大【役名】伊吹憲次

 大杉漣【役名】伊吹宗一



 原作:六花チヨ
 プロデュース:中川順平
 脚本:寺田敏雄
 演出:藤尾隆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

めいめろ
2011年09月08日 22:37
ずっとあらすじが
きになってたんですが、
わかってよかったです(^^)

ありがとおございます(#^.^#)
2011年09月12日 08:37
こんにちは、めいめろさん。
ドラマも最終回に近くなってきましたね。
春が学校で、周囲から距離を置かれて寂しいのが気になります。
伊吹君とどうなるのかなぁ?

この記事へのトラックバック