「ドン★キホーテ」第5話感想

 鯖島(高橋克実)と妻のあゆみ(内田有紀)は、あゆみの店で働いていた麻紀(末永遥)のことでマンションの管理人から呼び出される。
 部屋から赤ん坊の泣き声が聞こえるが、不在のようだ。
 保証人だった二人は管理人と部屋に入る。

 散らかった部屋のクッションやタオルの間から赤ちゃんの姿が。
 
 麻紀の息子一歳の修平はそのまま保護される。

 息子をネグレクト(育児放棄)していると病院で鯖島は説明。
 そこへ城田(松田翔太)がやって来る。
 久しぶりに妻、あゆみに会う城田。


 児相を訪れたあゆみを別の部屋に通し二人きりになる城田。

 そこであゆみは子供を欲しかったという本心を城田に打ち明ける。

 落ち込む城田。
 「あゆみの事思うと不憫でな。」

 修平の母親は弁護士を連れてくる。乳児院に預けられている修平を早く返せと言ってきた。
 そんな児相へあゆみから電話が。
 「あゆみさんがとんでもねェネタ拾ってきました。」
 多額の遺産を相続する修平。
 「もうすぐ大金が転がり込むから。」と金目当ての麻紀。
 親権停止の手続きをしようと職員達は意見を言い合う。
 所長の水盛ミネコ(小林聡美)は少し距離を置いた様子だ。



 所長は過去に松浦幸子(成海璃子)の母親の親権を剥奪していた。
 生活保護費で酒を買い、幸子のめんどうをみなかった母親。
 警察に親権停止を申し立てた。
 母親は傷害罪で逮捕され、幸子は養護施設に引き取られた。
 未成年後見人として幸子のめんどうをみてきた。

 「子供が判断できねぇなら俺達が…」と城田は動き出す。

 「朝倉麻紀はどこだ?」と鯖島や組員達を連れ乗り込む城田。
 「今すぐ修平を児相によこせ!!」
 兵頭ら手下の組員は乱闘をはじめ、あゆみも麻紀に抗議する。
 絶対に渡さないと言う麻紀とにらみ合うあゆみ。

 そこへ所長がやって来る。
 親権停止の書類を持って「遺産の管理もできない。」事実を伝える。
 「遺産がもらえないならこれであの子を捨てられる。」そう言い放つ麻紀。


 「最後にもう一度だけあゆみさんに修平君を抱かせてあげてくれませんか。」
 城田は修平を愛おしく思っているあゆみを気遣いそう願い出る。

 「あゆみを優しく抱きしめてやってくんねぇか。」
 と城田は鯖島に頼む。

 所長は「どう?」と一升瓶から湯呑みに日本酒を注ぐ。
 城田としみじみ語る所長。

 「俺読みたい本があるんだけど。」と幸子と知り合い、彼女の事を以前知っているみたいな少年は言う。
 「あの本まだ持ってる?ドンキホーテ」
 少年は幸子と児相で一緒だったらしい。
 そして「幸子お母さんに会えた?」と聞く。





 第5話、折り返し地点ですね。
 はじめて松浦幸子と所長とのいきさつが分かりましたね。
 問題提起はかなり深刻な内容です。

 




 城田のコスチュームが完全にやくざ風になってましたが…。
 
 でもよく似合ってますよね。w



 元々の城田のキャラも笑えます。
 爬虫類が大好きなのね。
 児相は向かないよね。
 爬虫類研究所に勤めれば?


 第1話  第2話  第3話  第4話


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年08月08日 15:32
こんにちわ
(笑)爬虫類研究所ってあるんですね・・・
爬虫類も人類も愛する博愛主義者って事でどうでしょうか?

折り返し地点ですね。早かったようなまだ半分のような不思議な気分です。
2011年08月10日 06:00
Tackyさんへ。
今度からは幸子のお母さんの事も分かってくるみたいですね。
毎回、反抗的で頑なな幸子が登場して気にはなってたから、そろそろ取り上げて欲しいですよね。
城田があの行動力で問題を解決していくのかな…?^^;

この記事へのトラックバック

  • 松田翔太「ドン★キホーテ」第5話~バカ鬼母にムカつく

    Excerpt: 「ドン★キホーテ」第5話 城田(松田翔太)が爬虫類愛好家のオフ会に参加していたとか、鯖島組のスカウティング用プロモーションビデオとか、ギャグシーンに小さく笑いました。 松田翔太は『LIAR G.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2011-08-08 14:32