「妖怪人間ベム」第5話感想

『2011年版はたまらなく切ない』
あらすじ 公式サイトより
ベム(亀梨和也)・ベラ()・ベロ(鈴木 福)は緒方家でベムが持っている新聞記事の写真と同じ男が写った写真を緒方教授(あがた森魚)に見せられる。

一方、街では篠山豊(斎藤工)が警察官を次々と襲っていた。
夏目刑事(北村一輝)はその連続警察官暴行事件の捜査をしながらも、一度見てしまったベムたちの妖怪姿が
脳裏から焼きついて離れなかった。

そんな中、ベムたちは緒方家から出てきた古びた手紙によって
自分たちが生まれた場所とも考えられる研究所の場所を知るが・・・

 *・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・* *・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*


 「早くお人好しになれるといいね。」とベロ。

 警官が襲われる事件が発生。
 現場に残された手がかりは2つの赤いサイコロ。

 草を摘んでいる3人。

 優以ちゃんが父親のプレゼントしてくれたブレスレットの石が見つからずに困っていた。

 夜の公園にひとりでいる夏目に話しかけるベム。
 そこへベラとベロがやって来る。
 
 3人は優以ちゃんの落とした石を捜している。
 襲われた警官を発見するベムたち。

 ベロはサイコロを見つけたと言って見せる。
 それは優以ちゃんのじゃないというベラ。

 廃船の中に入りそこにベムたちが住んでいる事を確認する夏目。
 赤いサイコロを見つける。

 「所詮世の中運が全て。」つぶやく警官を襲った犯人、篠山。
 名前のない男が現れ液体をかける。

 緒方家の家系図を見せる教授。
 古い新聞の切抜きの男は緒方晋作という何代か前の血筋だった。
 研究所を教えてもらうベムたち。
 研究所の入り口を見つけ入って行く。
 後をつけてきた夏目。
 「見たんです。あなたたちのもうひとつの姿を。」
 
 帽子を取るベム。
 額の横を見せるベラ。角を見せるベロ。

 「失敗作だった。感情が高ぶるとあの醜い姿に。
 人間になりたいだけなんだ。」
 「ただ普通に暮らしたいだけなんです。
 人間の役に立てるなら。」

 「もうお別れですね。感謝しています。」

 変身するベムたち。
 「さようなら。」そう言い残し姿を消す。
 
 「皆で食べたご飯美味しかったね。」
 荷物をまとめ廃船を後にするベムたち。

 夏目の後をつける篠山。
 しかし呼びとめた他の警官を襲う。

 ベムたちを引きとめようと外へ飛び出して行った夏目。
 夏目が襲われているのを察知したベムたちは駆けて行く。

 「あの日だって俺を助けてくれたんですよね。
 それなのに。すいませんでした。」
 夏目は自分がベムに発砲した事を振り返り、哀しそうだったと。
 「待ってください。」
 「オレたちは何をしたって人間に恐怖を与え、苦しめてしまう。」

 再び変身する。
 ベムの鼻をつまむ夏目。

 廃船を出て行かなくて済みベロは喜んでいる。

 研究所で掃除をしていると写真があった。
 ステッキが三本…。


 夏目と胸の内を話し合い、そして変身しても友情を示した場面は良かったですね。
 

 それにしても全体にしんみりしてたなぁ。
 第4話も第3話もしんみりしてはいたんですけど。

 テーマ曲は粋で軽快なジャズ。
 アニメのオープニングと同じなんですよね。
 あの曲のイメージと中身の雰囲気は全く違いますよね。
 溌剌としたあの曲に切なさは微塵も感じられません。

 アニメの絵はアメリカンコミック風で、子供向け日本のアニメと画風が違うような気がします。
 絵柄は「アメリカ」のコミック、そして音楽も「アメリカ」のジャズ。

 1968年から半年間放映されたアニメ。
 欧米を追いかけていた時代の最後の時期かもしれません。



 2011年版の実写になると演じるのは亀梨和也と杏、鈴木福。
 杏はメイクこそキツいけど顔立ちそのものは涼しげな和風ですよね。
 亀梨君も切れ長の目で「和」のテイスト。
 鈴木福君もホントにほっこりさせられるお顔です。

 ベムの帽子やベラのドレスなど身につける物は、アニメのイメージを損なうことなく使用してますが、人物の風貌は全く違いますね。
 濃い顔立ちはNGなんですね。
 そして大人顔も駄目。
 幼さと若さが不可欠。
 
 「早く人間になりたい。」という願望を持った異界の彼ら。
 そのエッセンスだけを拝借し、物語は完全に日本の今ですよね。
 
 2011年版の「妖怪人間」は、ほのぼのとした人間との触れ合いを、何よりも渇望している孤独な彼らの姿が描かれていきます。
 ささやかな幸せ、彼らの望んでいるものはたったそれだけ。
 かけがえのない人に慕われること。愛されること。
 信頼関係で結ばれること。
 心を許せること。

 「心」の問題に集約されていますよね。





 彼らは人間である事になぜ感謝し喜びを見出さないのかと。
 登場する犯罪者達に訴えます。
 人間に生まれた事への意味を知れと。
 

 そんな哲学的なメッセージを込めるしかない時代なのか…。









 1968年は日本の高度経済成長期。
 今とはずいぶん違います。
 人間になれば楽しみや夢を謳歌できる何かがあると、単純に示せる、そんな時代だったのかもしれません。

 経済成長期はとうに終わり築き上げたものと同時に負の遺産も残り。
 もう後は「心」の問題に帰って行くしかないような…。

 人との絆。

 それ以外に大切なものはない。

 そうドラマは訴えます。



 第1話  第2話  第3話  第4話


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【妖怪人間ベム】第5話

    Excerpt: あなた達家族は、日陰でしか生きることのできなかった俺達を温かく迎え入れてくれた。 あなた達のおかげでこの街で過ごして来た時間がとても幸せに思えた。 あなたのおかげで俺は…。 もっと人.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2011-11-20 11:55
  • 「妖怪人間ベム」第5話~亀梨ベム、切ないわぁ・・。

    Excerpt: 「妖怪人間ベム」第5話 緒方晋作(柄本明)の研究所で、ベム(亀梨和也)・ベラ(杏)・ベロ(鈴木 福)と夏目刑事(北村一輝)が鉢合わせ。 ベロが下手な言い訳をしていたが、ベムは自分たちが人間.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2011-11-20 14:09
  • (ノ∀`)あちゃ~、見落としてる可能性も否め...

    Excerpt: 「どう進めば良いか分かんないんです僕の人生」そんな事、警官に聞くな月になみだを流す♪おれたちゃ妖怪人間なのさ悪をこらしてひとの世に生きるのぞみにもえている早くお人好しに... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2011-11-20 17:17
  • (ノ∀`) あちゃ~、見落としてる可能性も否めないし

    Excerpt: 「どう進めば良いか 分かんないんです 僕の人生」そんな事、警官に聞くな月になみだ Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2011-11-20 17:17
  • 早く人間になりたい! ~妖怪人間ベム・第5話~

    Excerpt: 夏目刑事に正体を見られてしまった亀梨和也演じるベム達。 それに気づかず、夏目一家と家族ぐるみに付き合ってきたベム達。 そんな折、写真の男の正体がわかる。 教授の祖先の晋作なる人物。 それが名前.. Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2011-11-20 18:14
  • 【妖怪人間べム】第5話感想と視聴率

    Excerpt: 【第5話の視聴率は11/21(月)追加予定】「ベムベラベロ誕生の秘密...さよなら妖怪」今回、まるで最終回直前みたいに大事な回でした。夏目がベム達を受け入れてくれて、街を出ずにすん... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2011-11-20 18:58
  • 妖怪人間ベム第5話(11.19)

    Excerpt: 「こんな俺なんかより、誰よりも、あなたたちは人間ですよ あなたたちは誰より人間じゃないですか・・・」 夏目刑事@北村一輝に正体を見られ、 町を出る決意をするベム@亀梨和也たちだったが、 夏目刑事に引き.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2011-11-20 22:13
  • 別館の予備(妖怪人間&バブ&トリコ&ホークス日本一)

    Excerpt: 11月14日 妖怪人間&バブ&トリコ&ホークス日本一 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11083915579/1797.. Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2011-11-21 19:19