金にイジ汚い母親が子供をダメにする

「戦慄の正体」 
 現金に関わる事で難癖つけてきたのは、家計に響いたから。
 支払いが必要になった場面で見せたもの、それらは単に「支出をこれ以上増やしたくないのに。」という不平不満の顔。
 プライドが高いから、下手に出るって事ができなかった。
 それで威嚇する方向に行ってしまう。

 厳格な人だと思ってたけど、実はそういうことだったんだ。

 楽譜を買うタイミングやその使い方までレクチャーするから、熱心な人だと思ってきた。
 けどそれも違ってたよね。

 人を信用しないだけ。猜疑心の強い人。
 信頼関係より支配欲。

 それが教育熱心と言う大義名分に隠された本当の顔。

 
 お客様という立場を最大限に利用してきた。
 楽器を購入したお客様という武器で強欲を通してきた。
 自分に不備があっても笑顔や沈黙ではぐらかしてきた。




 いい暮らしぶりの顕示が無駄を生む。

 適材適所で物を使わないから、非効率と不経済を生む。

 その付けを他人に押し付ける。

 虚勢を張るから真実が見えなくなる。

 シンプルな物事も限りなく大げさで複雑にしてしまう。

 人を信用せず、人を愛さず、人を尊重せず、自分の子供ですら。

 関わる人間には戦慄が走る。
 


 全ては母親の価値基準の元に動いてきた。

 狂った価値基準と神経回路の元で…。
 



「未来に戦慄が走る」
 大人になる過程で君は打算を働かせ、母親の前では実際より幼い自分を演出してきた。
 表立った反論や反抗を避けて、対決しない事を選んだ。
 それがこの人の処世術。生きる術。

 そんな精神の弱さも外側からは分かりにくい。
 決断を迫られた時、母親が絡んでくると身動き取れなくなる。
 君は自分の力だけで、母親と対峙した経験が無いはず。なのでこの先も状況は変わらない。
 それは君の年齢に関係なく、社会的地位にも関係なく、変わる事はない。

 また、小さな時から母親に調子を合わせて来たために、自分でも気付かないほど、影響を色濃く受けてる。
 その姿勢は身勝手で矛盾が多く、絶えずトラブルの火種を抱えている。 
 本来の自分がいったい何なのか、どういう生き方をしたいのか。
 それを確立するには、この先時間がかかるだろうね。
 家の外では君は自分の世界を築いていると、そう思い込んでいるだけだから。 



 君と付き合う人は、順調な時は分からなかった本質を見た時、驚く。


 そして失望し、離れていく。




 母親の偏った「自分だけ」の世界観。
 これにも限界が有るよ。
 子供が小さいうちは成り立ってきたけど。
 
 子供が大きくなって社会との関わりが広くなればなるほど、また責任や権利が増えれば増えるほど、揉め事も比例して大きくなる。
 なぜなら母親が君の世界を侵食してくるから。
 自分と他人の境界線が解らず、ズカズカ入り込んで来る。
 君の入った大学を気に入らなかったように、就職した会社を気に入らなかったように、この先も君の選んだもの、手にするものをことごとく認めないだろうね。
 そして君は今までと同じように、自分の力だけで母親と対峙する事はできない。
 この先、トラブルが増える事はあっても、減る事はないだろうね。
 全てはこの母親の強欲から派生したもの。恐怖の産物。



 子供の個性を受け入れず、自分の価値観以外のものは認めない。
 肩書き、ブランドを限りなく愛し、自分だけを大切にする母親。
 息子を愛しては来たが、それは偏った自己愛に近い感情。



 包容力や慈愛では決して無い。






ノンフィクション
『エリート志向の闇~平気で嘘をつく子供』の紹介記事でした。

 よろしければ他の紹介記事もご覧下さい。
 無言の圧力
 痛い保護者
 近所で楽譜を買わない理由
 酸 欠~欲望の上限
 冷 淡~希薄な間柄
 悪 意~人に厳格、自分はルーズ
 分 散~ゆるい絆と薄い信頼
 欠 如~人の気持ちより現金が大切
 軽 視~素人の勝手な判断
 麻 痺~狂った神経回路

 会社名を言わない女
 家計は火の車


 あらすじ 

その他の記事はタイトル一覧からご覧下さい。

 全記事のタイトルは右サイドバーのテーマ<独裁者>
 または<嘘>をクリックして下さい。
 前半と後半に分かれて記事が順に並びます。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック