「鍵のかかった部屋」第4話感想

 芹沢と純子がペットの引渡しに立ち会うことになりました。
 マンションの前で偶然、ライターと称する古溝俊樹(松尾諭)に出会い、依頼されます。
 いつものように大きな取引先でもなく、芹沢は気乗りしないよう。
 でも亡くなった桑島雄司(久ヶ沢徹)の妻、美香(白石美帆)に会いに行くと美人で嬉しそうでした。w

 結局、古溝の所有していたものだけが返却されることになり、一緒に部屋に入ります。
 美香が土足で上がった事に、驚く二人。


 水槽の中に落ちていたピンセットが引っかかる芹沢。
 餌をやろうとして指を噛まれたのなら、急いで手を水槽から出しピンセットは床に落とすのでは?
 それに猛毒のクモに噛まれた事が分かって、なぜ外に出て助けを求めたり病院へ駆け込もうとしなかったのか?

 いろんな事に謎を感じました。

 部屋は密室。

 密室と言えば…。



 榎本に会いにいつもの備品室を訪れる二人。

 ここが謎解きのための会議室ですね。(^▽^)

 今回は同じマンションてことで、純子の部屋に芹沢と榎本がやってきます。
 慌てますよね。(^^ゞ
 でも生活感もあっていいお部屋でした。
 榎本は女性の部屋なんて意識する事もなく、検証します。w      
 部屋は完全な密室。
 
 ただ、クモが噛むように仕掛けをしておけば、必ずしも犯人はその場にいる必要はない。

 いったいどんな仕掛けだったのか?

 榎本はペットショップを訪れます。
 蜘蛛は餌がなくてどれくらい生き延びるのか店員に尋ねます。
 コオロギはどれくらいとも訊ねます。
 クロドクボシグモは、ここには置いていない、写真ならありますよと雑誌を見せてくれました。

 それは古溝が撮った桑島の部屋の写真でした。

 何かに気を止める榎本。

 そして美香は古溝に全部のペットを引き渡すと連絡をしてきました。

 今まで拒否してきたのは何か証拠を回収していないためだったのでは?
 またペットを引き取って証拠を回収するためなのでは?
 
 古溝も美香もどちらも怪しい感じです。


 和菓子の中のあんが蓬だったことに驚く純子。
 食べかけたのを止めてお茶を飲みます。
 蓬は嫌いだったようで。
 白い皮だと蓬のあんだと分からないと怒る彼女の言葉に榎本は何かヒントを得ます。


 そして再び純子、芹沢たちは部屋で立ち会います。
 今度は榎本も一緒です。
 芹沢は古溝が何かを箱にしまったのを見逃しませんでした。
 もみ合って、芹沢は手を噛まれ美香が救急車を呼ぼうとしますが、古溝は害はないと消毒をして済ませました。
 その様子を見ていた榎本は謎が解けたようなので、純子が代わりに決め台詞を言います。 



 美香が最初、部屋に土足で上がった事に意味があったのですね。
 
 そういうことで毒蜘蛛にも詳しかった美香。

 害のないクモを殺してその皮をクロドクボシグモかぶせ、水槽に入れておきました。

 そうとは知らずに、いつものように手の平に乗せた桑島。
 噛まれたのですが、病院になど行かずに猛毒が回って死に至ったのです。



 今回は3人の連携が上手く取れて事件を解決していました。
 3人とも本職の刑事でないところが、いいですね。
 謎を解いて行くのに余裕と遊びの部分があって、見てる方もリラックスしながら…なので。

 純子と榎本の二人の雰囲気、いいですね。^^;










 美香の姑、桑島悦子役にかとうかずこ、ゲストも魅力的。
 …だったんですけど…。
 テレビ画面の向こうとはいえ、気持ち悪かった~。
 蜘蛛をペットとして飼うなんて信じられません。
 こんな部屋一歩も入りたくありません。w

 
あらすじ 公式サイトより
.榎本径(大野智)は、青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)から、純子が住むマンションで起こった事件について聞く。

先日、和菓子店の社長・桑島が亡くなり、桑島が借りていた部屋にペットが残された。しかし、桑島の妻・美香(白石美帆)はその世話を拒否、桑島の友人・古溝が申し出た引き渡しも拒んでいるという。困った古溝は、偶然、通りかかった純子に相談を持ちかけた。

純子と芹沢が交渉した結果、美香は、古溝が桑島に預けていた二匹については引き渡すと約束した。

後日、純子と芹沢は、美香、古溝とともにペット部屋にやってきた。そこは、窓が閉め切られ、水槽が並ぶワイヤーシェルフで埋め尽くされた異様な空間だった。

水槽を見てペットが熱帯魚か何かだと早合点した純子の前に、古溝が差し出したのはタランチュラだった。しかも、桑島は飼っていた毒グモにかまれて死亡したという。警察は、水槽内の土に刺さっていたピンセットから、桑島は猛毒を持つクロドクボシグモにエサをやろうとして指をかまれたと推測した。ちなみに、エサは生きたコオロギだという。

それらの話を聞いた榎本は、毒グモを扱うにしては桑島があまりにも不注意なのでは、と話した。芹沢も、毒グモにかまれて慌てて手を引っ込めたはずだから、ピンセットが垂直に土に刺さっていたのはおかしいと疑問を呈す。しかし、部屋が密室だったことから、警察は事件性はないと判断したという。

しばらく考えていた榎本は、事故ではなかった可能性があると言い…。




 第1話  第2話  第3話



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【鍵のかかった部屋】第4話

    Excerpt: ヒントになるか分かりませんが、ひとつ言えるのは、人は様々な情報や 経験から思い込みで物事を判断しがちだということです。 その思い込みを捨てないかぎり、決して答えを見つけることはできないでしょう.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2012-05-09 02:39
  • 【鍵のかかった部屋】第4話感想と視聴率打ち...

    Excerpt: 「黒い牙」(原作:『狐火の家』より)今回から、TBS、この裏に、宮部みゆき・4週連続ミステリーSPをぶつけてきました。テレビ東京は、『完全犯罪ミステリー』を。これらは、ミステリ... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2012-05-09 15:49
  • 鍵のかかった部屋第4話(5.7)

    Excerpt: 青砥純子@戸田恵梨香のマンションで蜘蛛を飼っていた和菓子屋社長が 餌をあげていた最中に毒蜘蛛に噛まれて死亡したと思われた事件、 (たまにアパートとかで飼ってた毒蜘蛛が逃げ出したというニュースを見かけま.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2012-05-10 00:55
  • 別館の予備(鍵のかかった部屋&タイムスクープハンター)

    Excerpt: 5月10日 鍵のかかった部屋&タイムスクープハンター 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterfac.. Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2012-05-10 13:22
  • 『鍵のかかった部屋』 第4話「黒い牙」

    Excerpt: 「毒殺」と言われて、まずイメージするのは何ですか? 青酸カリ、ヒ素、トリカブト、そんな感じでしょうか。 今回は、普通ではちょっと考えつかないような変わった毒を用いて、殺人が行われました。 ドアや窓.. Weblog: 英の放電日記 racked: 2012-05-10 22:01