「未来日記 -ANOTHER:WORLD-」第10話感想

EPISODE10 『選択と決断』
 星野新太(岡田将生)は、倒れた古崎由乃(剛力彩芽)を抱きかかえ名前を呼び続けた。
その光景を見たもう一人の由乃(剛力彩芽)は、驚きと混乱でその場を走り去る。そんな由乃の姿を陰から見守り、手にしたクロノスシード社のスマートフォンで電話を掛ける謎の人影。

 そのとき、新太の電話にデウスから着信が。デウスは、近々、新太に大事な決断をしてもらう、と言うと電話を切った。

 そんな中、由乃が目を覚ます。新太は安堵したが、由乃の体調が心配で一緒に現実世界に帰ろうと言う。由乃は、自分に現実世界に戻るだけの体力がない事を知りながらも、笑顔で応える。由乃の為にも、デウスを見つけ解除コードを打たなければならない新太は、高坂王子(菊池風磨)に由乃を託すと、デウスを探しに行く。すると、萩戸金次郎(岡田義徳)から、デウスの顔が割れた、との連絡が入る。

 一方、沖江春奈(福田麻由子)は、何者かに渡されたスマートフォンを森口類(本郷奏多)に差し出した。類が「日記」のアイコンをタップすると、パシャリと音がして類の顔を認識、「類の未来日記」に変化した。そして、「新太が類に嘘をつく」というメッセージが表示された。

 クロノスシード社にやってきた新太は、社長室で木部徹(佐野史郎)や萩戸らと合流する。彼らは、木部に「未来日記」を渡した神宮寺という女がデウスだと推測するが、警察が調べても神宮寺は戸籍上存在しないという。それを聞いた新太は…。



 アラタが赤い風船をたどっていくと、デウスが建物の上に。

 しかし消えては現れ、どこにでも姿を移す。

 オリンピアを完成させる最後のピースが欲しいと彼女は言う。

 解除コードを打ち込むと元の世界には戻れないとデウス。

 アラタはユノに電話する。


 アラタの自宅にいるはずが、ユノは自分の家に戻っていた。


 ユノの前にオリンピアのもう一人のユノが現れる。

 手に金属バットを持ち、ユノに襲いかかる。

 ユノはごめんねともう一人のオリンピアのユノに謝る。

 突然あんな所に閉じ込めた事。

 そして自分のアラタへの気持ちを訴える。

 そこへアラタが駆けつける。

 するとオリンピアのユノは金属バットをユノに押し付け、床に倒れ「助けて。」とアラタに向かって演技をする。

 しかしアラタはどちらが自分と付き合っていたユノかを見抜く。

 「どちらもユノでしょう。」と語りかける。

 オリンピアのユノは「解除コードを打たないで。」と忠告し消えていく。


 この先どうすればいいのか。

 困惑するアラタとユノ。

 そこで気絶するアラタ。

 ルイが背後からスタンガンで襲ったのだ。



 …という流れで第10話で内田有紀が登場。

 薄い役どころでつまんないね。


 物語がイマイチです。


 でも、剛力彩芽がいい演技してます。

 荒唐無稽なドラマの中でリアリティーのあるのが人物像。

 その中でもユノは特にいいと思いました。

 繊細な女の子の感覚がよく伝わってきます。

 アラタを知らないオリンピアのもうひとりのユノと、アラタを愛し大切な物を手に入れたユノ。

 この差異が不思議と伝わってきました。

 見た目、全く同じなんだけど。
 

 
 岡田将生も無理のないキャラでいいですよね。

 「聖なる怪物たち」の時も予想もできないアクシデント、出来事に翻弄され、必死に行動する役どころでした。

 

 やっぱりこういうタイプの主人公に感情移入し易いし、絶対応援したくなります。

 イケメンはお得…。

 






 音楽がいいね。

 スマホの着メロも…。


 「未来日記 -ANOTHER:WORLD-」第9話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【未来日記-ANOTHER:WORLD-】第10話

    Excerpt: 聞いちゃったんでしょ?この世界の秘密。 ここが現実世界じゃないってこと。 ひどいよね。もう一人の君。 自分がこの世界にいたいからって君のこと閉じ込めて。 耳鳴りがするのはこの世界に2人.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2012-06-25 11:04