「PRICELESS ~あるわけねぇだろ、んなもん!~」最終回感想

 幸福荘に戻ってきた模合は、部屋にいる大屋敷社長に驚く。
 「こんなところで暮らしてたんですね。」と大屋敷統一郎。

 「私とあなたは腹違いの兄弟。」と告白する。
 「兄貴ってことですよね。」と金田一。
 
 金田一、二階堂、模合は部屋を出て大屋敷に寝室として譲る。
 朝、500円玉を置いて出て行ったと鞠丘一厘(夏木マリ)は教える。

 金田一は広瀬に支援を頼むが断られる。
 
 ミラクルの製品を作ってもらうよう頼んで回る。
 経営の立て直しに奔走する3人と榎本。

 「特許出願日って皆同じですね。」と模合。
 「訴えを取り下げてます。」
 究極の魔法瓶が作れるようになる。
 乾杯する3人。
 
 川の字で寝ながら「ミラクル魔法瓶で究極の魔法瓶作らないか?」と提案する3人。

 再び出資を頼む金田一。
 「オレがこだわってるのは人です。
 1507人が集まることができた時は相談に乗って下さい。」

 工場長たちを説得する模合。

 作ってる人は同じだからと、金田一は商品を置いてもらう。

 広瀬ファンドが出資すると二階堂が報告する。
 公園でダンボールをかぶっている大屋敷社長。
 金田一がやって来て二人で豚汁を食べる。
 鞠丘貫太(前田旺志郎)、両太(田中奏生)も来て一緒に食べる。
 
 幸福荘へお礼を言いに来る統一郎。
 「金田一君がいればあの会社は大丈夫なはずです。」
 「誕生日は?」二階堂が聞く。
 「10月の16日です。」
 模合は魔法瓶の底を見せる。
 「特許、1972年10月16日に出願されてます。」

 大屋敷統一郎と金田一は同じ部屋に寝ている。
 「小学校一年の時、野球のグローブだけが置かれていた。」と話す。
 
 「すいません、遅くなって。」と夜、待ち合わせ場所へ来る二階堂。
 周囲のカップルを見る金田一と二階堂。
 見つめあう。
 キスしそうに接近すると、そこへ模合が。
 「終わったら呼んで。」と遠慮するが3人で歩き出す。
 焼肉かイタリアンでもめる。
 お祭りがあって的当てをする。
 模合の投げたボールがおもちゃのブルドーザーに当たる。

 炊き出しの公園で名簿を見る社長。
 
 金田一と二階堂の結婚式。
 誓いのキスをすると、金田一だったはずが統一郎に変わる。
 …という夢を見て飛び起きる二階堂。

 お金に変えられない価値をいっぱい知った後でこの魔法瓶に出会って、仲間をいっぱい作ってくれた。
 「それがオレにとっての魔法。」そう社員に話す金田一。
 「彼もそのうちの一人。」
 統一郎は謝罪する。
 席を立って去ろうとする社員の名前を呼ぶ統一郎。

 「皆さんと一世に魔法瓶が作りたい。」
 「作らせてもらえませんか。」
 全員立ち上がる。
 
 ミラクルを去っていく3人。
 あなたたちのやりたい事って「何?」
 統一郎にボールを投げる金田一。
 「兄貴、社長が持ってて下さい。」

 生放送

 「マイナス10度。」
 地面を掘り始める。
 魔法瓶を取り出しお湯を注ぐ。
 一週間たってる。
 金田一と二階堂は「メリークリスマス!」模合は「よいお年を。」



 最終回!!

 めちゃくちゃ
 面白かった~!


 金田一、二階堂、模合、3人の台詞の掛け合いが最高。ww

 幸福荘での3人が最高にハッピー!!

 
 いや~、ストーリーはもうどうでもよく。\(^▽^)/
 あり得ないほど慎ましく欲の無い3人。^^;




 最後のほんのちょっとのシーンが生放送…。

 え~!?
 この寒波襲来のタイミングでホントに北海道で!?

 わ~!!( ̄■ ̄;)


 なんかすごく無駄な気もする。ww

 

 ごくろうさま~。^^;
 

 
 結婚式の場面は二階堂の願望、妄想だったのか~。
 ですよね~。w
   

あらすじ 公式サイトより
金田一二三男(木村拓哉)、模合謙吾(中井貴一)、二階堂彩矢(香里奈)が暮らす『幸福荘』の前に、榎本小太郎(藤ヶ谷太輔)たち『ミラクルエレクトロニクス』を退職した全社員がやって来た。社員たちは金田一と約束した魔法瓶事業再開の約束を反故にしたばかりでなく、それまでの大屋敷統一郎(藤木直人)の経営方針にも嫌気がさしたのだ。一緒に働きたいと言う『ミラクルエレクトロニクス』元社員たちだが、すでに金田一の『ハピネス魔法瓶』はなくなっている。とりあえず、金田一たちは集まった元社員の名簿を作ることに。

その頃、『ミラクルエレクトロニクス』の空になったオフィスには、統一郎と財前修(イッセー尾形)だけがいた。絶望を口にする統一郎を財前は何とか助けたいと思うのだが…。

模合は統一郎に会いに行くという金田一を『幸福荘』に引き留め、自ら『ミラクルエレクトロニクス』へ。しかし、社長室には財前しかいなかった。統一郎を助けてほしいと懇願する財前に、模合は困惑してしまう。

模合が『幸福荘』に戻ると、金田一の部屋に統一郎がいた。いったい統一郎は、何をしに金田一を訪ねてきたのだろうか。不安げに見守る模合と彩矢の前で金田一と対峙した統一郎は…。



 第7話  第8話  第9話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • PRICELESS最終回感想

    Excerpt: 物語のメイン進行は前回で終了していたと思うので、今回は敵役であった藤木直人との本当の決着ですね。といっても、このドラマの主人公であるキムタクは、相手にとどめは刺さない。というより、そういう風に物事を見.. Weblog: NelsonTouchBlog racked: 2012-12-25 09:00
  • 《PRICELE$S~あるわけねぇだろ、んなもん!~》★最終話

    Excerpt: 30分拡大・一部生放送スペシャル… ほんの少しだけ(笑) あんなに約束したと思っていた、魔法瓶事業の継続を、今までの事業を継続すると一言で打ち消した統一郎。それには聞いていた全員が「え??」と思った.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2012-12-26 02:14
  • PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~ 最終回

    Excerpt: 金田一(木村拓哉)、模合(中井貴一)、彩矢(香里奈)たちが暮らす幸福荘の前に、榎本(藤ヶ谷太輔)たちミラクルエレクトロニクスを退社した元社員たちが全員で押しかけて来ます。 金田一たちは、パジャ... Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2012-12-26 19:43