不意打ち~耳を疑う言葉

 誰も歯の事を露骨に尋ねたりはしない。
 でも、たったひとりだけ、いた。
 生涯のうちで一度だけ、ストレートに聞かれた事がある。
 その人、交際相手の妹だった。相手の実家でのこと。
 2、3度目の訪問の時だったような気がする。
 (成人して引越し、歯医者へ通えなくなってから一年ほど経った頃の事だ。)

 全く関係ない話題の最中に「歯、入れた?」
 と、突然聞いてきた。
 ああいう時、不意を突かれると戸惑うだけで何も答えられない。
 何を聞かれたのか耳を疑う。
 質問の意味もすぐに飲み込めない。

 「ハ、イレタ?」
 語句にするとたった4文字のこの言葉。
 この音の響きに最初は何かと一瞬、思考が止まった。
 それ位、前の話題とは何の繋がりも無いものだった。




 今になって思うが、
 振るタイミングを見計らってたように思う。
 ブリッジの歯は見てすぐに本物の歯でないと分かる。
 だから初対面の時、気づいてはいたんだろう。


 リビングで話しているその席には、私、交際相手、彼のお兄さん、お兄さんの彼女、そして妹が居た。
 お兄さんの彼女とは初対面だった…確か。


 唐突だった。 


 関係ない雑談の合間に突然言う事自体変だった。
 第一その会話の前には私はしゃべったり、笑ったりもしていない。

 だからいつ歯の事を聞いてやろうか、タイミングを狙ってた様に思う。

 初対面の人もいるそういう場を選んでわざと会話の合間に…。 






 お兄さんが連れてきた女の人は婚約者だったと思う。
 妹から見ると未来の義理のお姉さん。確実に将来そうなる相手。

 私と交際相手とは、まだ何も決めたわけでは無かった。
 それでも妹には、私も将来の義理の姉に見えたのだろうか?
 そうなるかもしれない可能性のある相手に。

 微妙な位置関係。

 それぞれが気心の知れた間柄という訳でもなく。
 雑談していてもどこか緊張する顔合わせの場。
 そんな場で
 たとえ会話の流れが不自然でも相手の欠損に触れる。

 心の底にある悪意。
 今はそれがよく分かる。







 
 遠巻きな他人はいい。
 でもそうではない間柄もある。

 「結婚」ってこういう事なんだ。
 他人でしかない身内が増えていく。
 こういう棘が突き刺ささるような日常が増えていく。

 一生言われ続ける事になる。

 結婚したら義理の間柄でしかない身内が増える。
 自分にとって気を許せない他人だけが増える。

 「他人」に囲まれた殺伐とした環境になる。
 今以上に…。


           尼崎の異常な家庭 №11 棘のある他人





 尼崎の異常な家庭
 №1 折れた乳歯
 №2 永久歯の異常
 №3 病院を探さない親
 №4 間違いだらけの治療
 №5 矯正できたかもしれない
 №6 口腔崩壊
 №7 父はギャンブル依存症
 №8 周囲と協調しない母
 №9 金切り声
 №10 他人より遠い親

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック