「TAKEFIVE~俺たちは愛を盗めるか~」第1話 感想

 怪盗物で一応ハラハラしながら見ました。
 唐沢寿明と六角精児でおじちゃん二人は大丈夫かなって。(笑)
 でも大丈夫でしたね。最後に逃走する時、ビルの壁面をスパイダーマンのように駆け下りていました。
 超人的です!(笑)

 ハイテク機器を駆使してさすが現代の怪盗です。
 こういうのを使いこなせないと、ダメなんですね。
 なるほど~。
 最近のセキュリティーは声紋や指紋みたいですが、それも録音や手形で簡単に突破。
 体温を感知する機器は廊下の温度を体温まで上げてクリア。
 警備室の画像はコンピューターにハッキングしてクリア。

 次々とコンピューターに侵入さえできれば何でもありですね。

 エンタテイメントなので何でもありかな。




 暗証番号を導き出すのも楽勝だったようで。

 H HIROMI これをひっくり返すと

 IMORI H  になって秘書の名前なんですね。

 それで彼女の誕生日が4月8日ということで、0408でした。

 でも誕生日が暗証番号ってこれ一番NGな例ですね。w




 松雪泰子が入っていくシーン溜め過ぎ。ww



 タイトル、ファイブなのであと
 稲垣吾郎が加わるのでしょうか…。




 

 

 
 
 音楽に凄く助けられてる気がしました。
 JUJUの歌声、さすがでした。
 TAKEFIVEのアレンジがカッコ良く、魅了されました♪




あらすじ Yahoo!テレビより
大学教授の正義(唐沢寿明)は、父と共に史上最強の窃盗団「TAKEFIVE」のメンバーだったが、20年前のある出来事をきっかけに活動を封印した。そんな正義の前に謎のホームレス(倍賞美津子)が現れ、レオナルド・ダビンチ作の絵画「ルクレツィアの肖像」が、東都銀行の担保倉庫にあることを告げる。確認したい衝動に駆られて忍び込んだ正義は、一匹狼の泥棒・晴登(松坂桃李)と遭遇。そこに、刑事の瑠衣(松雪泰子)が駆け付ける。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック