「お天気お姉さん」第8話 感想

 「太陽が三つある。」空を見上げてつぶやく青木、三雲、蜜代。

 染谷が晴子を呼ぶ。
 「タクシー出すから自転車通勤やめなさい。」と原口。
 週刊誌に晴子の記事が載ったため、取材されるからと。
 断る晴子。掲示板に原口が天才だと載る。

 警察で、捜査に関する秘密を一般人にばらしたと問題になる。
 「二度と会うな。二度と連絡するな。」と亀岡は青木に言う。

 天川という男が三雲の部屋にいる。

 取材記者がテレビ局に押しかける。
 
 ウサギの着ぐるみを着てテレビ局を出る晴子。

 「地味な仕事場だね。」
 「蜜代とは会っていない。」
 「覚えてないの?」と蜜代に言う天川。「天川聡。」と名刺を渡す。

 「人妻だったその女。僕も誘惑され。」
 三雲の付き合っていた女性の話をする天川。
 青木が入って来る。週刊誌の天川の記事を思い出す。
 太陽が複数見えたと言う。
 
 「それは幻日です。」晴子は言う。
 「氷の結晶に側面から光が入り屈折し。」と説明をする。
 「何のトラウマですか?」と青木。「言えない。」と蜜代。
 
 行方不明の教え子を探してくれと頼む天川。
 「できません。私は気象予報士ですから。」
 
 ミイラ化した遺体が発見される。
 安倍晴子にこの事件を解決させるよう染谷に言う原口。

 検死の結果、首を絞められたと。

 「東村山から六本木に引っ越して殺されたんですか?」
 「信じられない。」天川の研究室で聞き込みをする青木と八木。
 
 高層マンションにやって来る晴子。
 青木と部屋に入る。
 「北向きで日あたりも悪く、低音で多湿。」
 
 「ここでない場所でミイラ化したって事ですか?」
 
 気象図書館にいる晴子。
 天川の著書を見る。
 「気象予報は将来、消滅するだろう。」

 岩下洋子の幻が現れる。

 八木から連絡が。DNA鑑定の結果、岩下だった。
 幽霊「見たんですわたしたち。」
 染谷はミイラの事を晴子に聞く。
 「もう蜜の味には行きません。」と青木は断る。
 三雲がひとりで蜜の味を訪れると天川が来ていた。
 幽霊が出るという場所を晴子は見に行く約束をする。
  
 「今夜の気象条件なら、」もう一度あらわれると。
 三雲と青木が天川たちを案内する。
 「ミストスクリーンです。」
 「霧をスクリーンにして映像を投影したものです。」
 「いったい誰が。」
 「仕掛けたのは岩下さんを殺した犯人です。」と青木。

 岩下は、いつも地味な服装だった。
 「派手な赤いワンピースを着ていた。」それを知っているのは犯人。
 「挑戦だよ。」と三雲。
 「安倍晴子への挑戦だ。」
 

 第8話でした。

 もう犯人ですとアピールしてるような北村有起哉の天川聡。

 晴子の強敵な感じはします。

 
 過去の修羅場が多過ぎて、いちいち覚えてないという蜜代ママ。
 三雲、天川との意外な関係…。
 もう会ってないと言いつつ、お店の常連の三雲。w
 いったいどうなってるのか。どうでもいいですけど。ww


 三雲と壇蜜の台詞のやり取りは相変わらず絶妙です。



 佐々木蔵之介と北村有起哉のキャラは近いような気もします。
 年齢も近く、背格好なんかも似通ってる。
 
 ドラマのコンビは、やはりタイプが違うもの同志がいいですね。
 三雲と青木のように。 
 青木は若くて未熟だけど、個性が強過ぎないところがいい。
 この二人だから味が出て面白いです。(^▽^)

 

 晴子の着ぐるみ退社といい、遊び心満載。

 推理もそれなりに面白いし、皆の日常の風景がいい!


あらすじ 公式サイトより
晴子(武井咲)が警察に協力して殺人事件を解決したことが週刊誌で取り上げられ、多くの取材陣やファンに追われる日々が始まる。このままでは警察の面目が丸つぶれだと、豪太(大倉忠義)は亀岡(高知東生)たちに晴子と会うことを禁止されてしまう!
 そんな中、三平(佐々木蔵之介)の前に、大学時代の同期生・天川聡(北村有起哉)が現れる。天川はある大学の主任教授を務めており、次期ノーベル賞候補。だが、三平とは過去にある因縁があった…!
 三平に連れられ、『蜜の味』にやってきた天川は、突然晴子に「1ヶ月前から行方不明になっている教え子・岩下陽子を探し出してほしい」と頼む。「自分は気象予報士だから」と断る晴子に、ほっとする三平だったが…?

 そして数日後、六本木の高級マンションの一室からミイラ化した遺体が発見され…!?

キャスト
 遠藤刑事(丸山智己)  
 八木刑事(川島潤哉) 
 亀岡巧(高知東生)
 蜜代(壇蜜)「蜜の味」のママ
 橋本茜(佐々木希 )
 古谷黄子(内藤理沙)
 土屋みどり(野村麻純)
 加原陽一郎(近江谷太朗)
 染谷誠二(野間口徹)   「モーニングZ」のお天気担当ディレクター
 三雲三平(佐々木蔵之介) 監察医     
 原口蘭(笛木優子)プロデューサー



 第1話  第2話  第3話  第4話  第5話
 第6話  第7話


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【お天気お姉さん】第8話 感想

    Excerpt: 古来、天候を制する者が世界を制すると言われてきた。 この物語は、人々の命と安全を守るため気象予報に人生をかけた 一人の天才お天気お姉さんの物語である。 お天気お姉さん 第8話 .. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2013-06-01 17:26
  • お天気お姉さん 第8話

    Excerpt: 2013年5月31日放送 第8話「最終章!!ミイラになった女子大生」  晴子(武井咲)が警察に協力して殺人事件を解決したことが週刊誌で取り上げられ、多くの取材陣やファンに追われる日々が始まる。この.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2013-06-01 17:38