「ぴんとこな」第7話 感想

 携帯を返すとあやめからメールが届く。

 待ち合わせ場所に急ぐ一弥。
 あやめの姿はなく、紙袋に携帯が入っていた。
 物影から見ている優奈。

 あやめが家に戻ると引き出しの貯金箱が壊れている。
 お金を借りると父親のメモがあった。

 恭之助に誘われていた祝賀パーティーを断るあやめ。

 「しっかりして下さい。」と恭之助に言う一弥。

 与左衛門は病院で検査を。

 恭之助はあやめを家に連れてきて着物を見せる。
 「着てもらった方が母ちゃんも喜ぶからさ。」と言う。

 着物姿で出席するあやめと恭之助。

 アメリカに行く時ラブレターをくれたと美月。

 一弥と優奈が現れる。

 お茶席に誘う優奈。
 「お皿は?」と聞いて笑われるあやめ。
 「ひろきを探してきますね。」と優奈。

 あやめが外へ出ると一弥と出会う。

 躓き転びそうになったあやめを抱き止める一弥。
 優奈と恭之助がそれぞれ見ている。

 あやめの着物を汚す優奈。

 洗いに出すから着替えてすぐに渡してと、予備の着物を出す優奈。
 あやめは更衣室に行ったと恭之助に教える美月。

 着物、着れないからとあやめ。
 恭之助は教えるから着るように言う。

 皆は帯に注目する。
 「女形で使う結び方。」と恭之助は説明する。
 優奈と一弥の婚約が発表される。
 マイクを持って挨拶する優奈。

 走り去るあやめを追いかける一弥。

 「ごめん。」と一弥。
 「おめでとう。ひろくん。」
 「さよなら。」と去るあやめ。

 「怖かったの。あたしを選んだ事をひろ君は将来後悔するんじゃないかって。」とあやめは恭之助に話す。
 「お父さんの事ちょっと恨んでる。」
 
 「あやめが好きだ。」と恭之助。

 そんな第7話でした。

 お嬢さん、優奈の陰湿さ全開だったよなぁ~。

 なんか見てて不快。( ̄- ̄;)

 一弥は歌舞伎を続ける覚悟でホントに優奈と一緒になる気なの?
 それにしてはふっ切れてないし。

 梢平(松村北斗)みたいにお嬢さんを利用する野心のかたまりにもなれないし。
 かといって歌舞伎を捨ててあやめちゃんを選ぶ事も…。

 もう~、一弥しっかりしてよ~。(; _ _ )/ ·

 恭之助じゃなく一弥がどっちつかずでがっくり。

 あやめちゃん、可哀想過ぎるよ。
 恭之助は純粋だけど、なんか身分違いとか言われて嫌。

 だいたい格差ありすぎなんだけど。このドラマ。(笑)
 
 
 澤山一弥の本名、本郷弘樹もいい名前だよなぁ。
 本郷弘樹に戻っちゃえ。(笑)










 イマイチな回だったよなぁ。
 祝賀パーティー、一弥とあやめがずーっとつまらなそうな様子で、見てる方も同じ気分に。
 今回は稽古や舞台のシーンが無いし物足りなかったし。

 川島海荷の着物姿を披露する回だったの?
 さすがに二度目の着物はあでやかだった。
 
 キャスト 
 河村世左衛門 (岸谷五朗)
 祖父・竹雄(大石吾朗)
 三田シズ (江波杏子)
 澤山咲五郎(榎木孝明)
 松吉(髙嶋政宏)
 坂本春彦 (ジェシー)
 梢平(松村北斗)

あらすじ 公式サイトより
恭之助(玉森裕太)は、尊敬している日本舞踊園山流の家元・園山喜久夫(清水紘治)の紫綬勲章祝賀パーティーの案内状が届き、あやめ(川島海荷)を誘う。あやめは着ていく服がないと悩むが、バイト代を貯めて服を買おうと決意し、バイトに励む。そんなある日、貯金箱からお金がなくなっていることに気づいたあやめ。そこには、父親・啓介(佐野史郎)からの手紙が残されていた…。

事情を知った恭之助は、母親の着物を貸すことを提案し、あやめとパーティーへ。会場では、世左衛門の代理で恭之助はあいさつ回りに大忙し。そんな中、恭之助の幼馴染・美月(マイコ)が現れる。恭之助のあやめに対する思いを知った美月は…。
.イメージさらに、あやめが恭之助と来ることを知る優奈(吉倉あおい)は、パーティーに参加しないと言っていた一弥(中山優馬)を強引に誘い参加する。あやめに嫉妬する優奈は、大衆の前で恥をかかせたり、トマト料理が入った皿をあやめにぶつけたりするなど、嫌がらせを実行。さらにあやめを追い詰める発表をして…。

あやめがいなくなったことに気付いた恭之助は心配になって探しに行くと…。
.
 第1話  第2話  第3話  第4話  第5話
 第6話


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Woman九話&ぴんとこな七話感想

    Excerpt: ■Woman九話 ついに仕事中でも突然倒れて病院へ行くことになる満島ひかり。幸い大丈夫だったが、やはり徐々に病気は進行しているようだ。ご飯の支度があるとすぐに帰りたがるが、熱が下がるまで安静にと高橋.. Weblog: NelsonTouchBlog racked: 2013-08-30 10:22
  • ぴんとこな 第7話

    Excerpt: あやめ(川島海荷)に告白しようとして失敗している恭之助(玉森裕太)は、尊敬する家元・園山(清水紘治)の祝賀パーティーの案内状が届いたので、あやめを誘って参加しようとします。 あらかじめ一弥(中... Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2013-08-30 12:55
  • ぴんとこな 第7話

    Excerpt: 第7回 2013年8月29日(木) 恭之助(玉森裕太)は、尊敬している日本舞踊園山流の家元・園山喜久夫(清水紘治)の紫綬勲章祝賀パーティーの案内状が届き、あやめ(川島海荷)を誘う。あやめは着ていく服.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2013-08-30 21:34
  • ドラマ「ぴんとこな」第7話

    Excerpt: 第7話「嫉妬の炎が矢のように…恋心をえぐる悪意の総攻撃」    Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2013-08-31 09:14