「半沢直樹」第9話 感想

 「フォスターの資本を受け入れて下さい。」と湯浅に言う半沢。

 「この時計ね一日一回ぜんまいを巻いてあげないと止まってしまう。
 伊勢島ホテルを動かしてきたのはこの私です。」と羽根専務。

 疎開資料が見つからず黒崎は苛立つ。

 岸川は半沢を外すように頭取に提案するが、大和田はそれを制し責任について問う。

 金融庁の社員が半沢を見張っている。
 機械室に疎開資料があると半沢は渡真利に話す。 

 タミヤ電気で近藤は野田に資料を作るよう指示。

 ネジを「拾って欲しくはありません。」と大和田に言う半沢。

 羽根専務と大和田は料亭で話す。
 「どこかで恐れてるんじゃないの?彼の事。」と専務。 

 近藤が帰ると荷造りをしている妻。 

 湯浅からの電話を待ち続ける半沢。

 「半沢、情報が漏れてる。」と渡真利から連絡が入る。

 最終聞き取り調査が始まった。
  
 タミヤ社長に「大和田常務に言われて貸したものでしょう?」と近藤は問い詰める。

 フォスターの傘下に入る事を告げる半沢。
 湯浅からのメールを見せる。
 渡真利が入ってきて、「合意をいただきました。」と報告。
 「社長に続投していただき、専務には更迭。」

 「お付き合いしてもらおうかしら。地下二階へ。」と黒崎。
 
 5年前の事を話すタミヤ社長。
 「金、いつ返してくれるんですか。」と大和田に電話して言うタミヤ。

 機械室の前にやって来る一行。
 鍵を開けると黒崎たちが入っていく。
 黒崎が箱を開けると宴会の小道具が入っていた。
 
 内藤は名誉毀損だと非難。
 頭取は「なかった事にしましょう。」と言って出て行く。
 
 本物はブルーシートをかぶせて隠していた。

 近藤に話したとタミヤからの留守電に荒れる大和田。
 
 専務が湯浅社長の部屋に怒鳴りこむ。                

 近藤が待っていると「人事の話だ。」と大和田が入って来る。
 根室への出向を取り消してもいいと持ちかける。
 「条件がある。報告書を表に出さないで欲しい。」
 「本店、支店、融資部。」どこがいいかと近藤に返事を迫る。
 
 
 第9話でした~!!

 人事で釣られる近藤。( ̄- ̄;)

 でも家族の事を考えると…。
 子供は転校せずに済むし、望み通り進学塾へ通わせたり、自分も東京の銀行で仕事ができたら、申し分ないよなぁ。
 奥さんだってお給料が増えて嬉しい。

 根室とか冬、寒いし。
 都会で慣れてる人は北海道の自然は厳しいし。

 大和田も釣り方を心得てる。
 自分の事しか考えてないけど。
 それほど窮地に追い込まれたって事ですね。




 それにしても大和田常務の睨みをきかせた顔。

 悪代官にしか見えん。(笑)

 香川照之の表情が面白い。
 銀行とは思えない。

 黒崎に追い詰められて、疎開資料が見つかりそうになるんだけど、ドキドキ感はやや薄れてきたなぁ。
 前回もあって似たような事が2回目となると逆に安心してしまう。
 同じパターンだって分かるし。
 黒崎に追い詰められても、結局大丈夫なんでしょって。

 それとダンボールの数が急に増えてびっくり!(笑)

 前に半沢の家のクローゼットに隠してあった時、一個だけだったのでは?
 …あの数の箱はいくらなんでもクローゼットには入らないよね。(笑)




 最終回、大和田がどんな風に半沢にひれ伏す形になるのか。

 その見せ方には期待したいです。
 




 大和田常務の妻といい、近藤の妻といい美人だね。
 大人っぽい。大人の女性って風で。
 
キャスト 
 内藤寛(吉田鋼太郎)
 渡真利忍(及川光博)
 中野渡謙(北大路欣也)
 羽根夏子(倍賞美津子)
 
あらすじ 公式サイトより
近藤(滝藤賢一)が知ることになったタミヤ電機を舞台にした迂回融資事件。タミヤ電機を隠れ蓑にし、3千万円もの融資を受けていたのは、何と大和田常務(香川照之)の妻・棚橋貴子(相築あきこ)が経営する会社だった。
半沢(堺雅人)は大和田に突きつける証拠として、田宮社長(前川泰之)の証言を取るよう近藤に依頼をする。 .一方の金融庁検査では二日後に迫った最終聞き取り調査を前に、半沢は驚きの秘策を用意し、湯浅社長(駿河太郎)の説得を試みることに。
しかしその内容は、100年以上続く歴史ある伊勢島ホテルにとっては、あまりに大きな決断であった。


そんな中、近藤はついに田宮社長の証言を取ることに成功。半沢たちが大和田常務を追い詰めるのに十分な証拠であったが、合流を待つ半沢と渡真利のところへ、近藤は一向に現れない。近藤の身に一体何が起こったのか─。

 第1話  第2話  第3話  第4話  第5話
 第6話  第7話  第8話


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 半沢直樹 (第9話・9/15) 感想

    Excerpt: TBS・日曜劇場『半沢直樹』(公式) 第9話『最終決戦!~出向をかけた金融庁検査!!』の感想。なお、池井戸潤氏の原作小説は未読。 “倍返し”と言うより“どんでん返し”な展開… .. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2013-09-16 09:18
  • 《半沢直樹-第二部》#09

    Excerpt: 42時間前 近藤から半沢に連絡が入った。ラフイットの社長宅を突き止めたら、 大和田が釣れた。タミヤ電機の不正にも大和田が絡んでいた。 5年前京橋支店からタミヤ電機に融資された3000万がその直後 ラフ.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2013-09-16 09:33
  • ドラマ『半沢直樹』#9

    Excerpt: ドキドキの展開でしたね~ あらすじはコチラ 近藤の目撃証言により、タミヤ電機の迂回融資した相手は大和田常務の妻だと判明。 タミヤ電機のために回収することを社長にもちかける近藤。 .. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2013-09-16 11:20
  • 【半沢直樹】 第9話 感想

    Excerpt: 確かにノーに比べたらイエスと言うほうが何倍も簡単だ。 でもな、俺達サラリーマンがイエスとしか言わなくなったら、仕事はただの 作業になっちまう。 作業だけならロボットでもできる。 でも、俺達.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2013-09-16 12:03
  • 半沢直樹 第9話

    Excerpt: タミヤ電機を隠れ蓑にして、3000万円もの融資を受けていたのは、大和田常務(香川照之)の妻・貴子(相築あきこ)が経営する会社でした。 半沢(堺雅人)は大和田常務を追い詰めるため、田宮社長(前川泰.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2013-09-16 13:09
  • 半沢直樹 第9話★黒崎(片岡愛之助)が「股間鷲づかみ」「机バン!」「半泣き」

    Excerpt: 半沢直樹 第9話 最終決戦!~出向をかけた金融庁検査!! 先日放映されたETV特集「トラウマからの解放」のナレーターもされていた元NHKの山根基世さんのナレーションで<迂回融資とは銀行が融資で.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2013-09-16 13:45
  • 半沢直樹 第9話

    Excerpt: 第9話「最終決戦!~出向をかけた金融庁検査!!」 2013年9月15日放送 近藤(滝藤賢一)が知ることになったタミヤ電機を舞台にした迂回融資事件。タミヤ電機を隠れ蓑にし、3千万円もの融資を受けてい.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2013-09-16 17:37
  • 半沢直樹 第9話:最終決戦!~出向をかけた金融庁検査!!

    Excerpt: 近藤さん、早まるな!!!乂(>◇ せっかく半沢達に追い風が吹いて来てたのに、ここでまさか近藤さんが 大和田に取り込まれそうになるとは・・・ 同期の半沢達・・・そして家族の幸せをてんびんにかけた.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2013-09-16 17:38
  • 半沢直樹「最終決戦!~出向をかけた金融庁検査!!」

    Excerpt: あいかわらず、らぶりん・黒崎(片岡愛之助)が出てきて啖呵きっただけで、画面がシマりますね。 本当は、ラスボスは大和田常務(香川照之)なんだけど、その存在感をもしのぐ勢いに感じてしまうのは私だけ?.. Weblog: のほほん便り racked: 2013-09-17 08:25